2020年04月12日 08時30分 公開
特集/連載

Android、iOS用「Defender ATP」を計画するMicrosoftの“真の狙い”とは?「Edge」の「Chromium」化が関連しているとの声も

Microsoftは同社のEDR製品「Microsoft Defender Advanced Threat Protection」のAndroid版とiOS版の提供計画を発表した。その背景には何があるのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 2020年2月、MicrosoftはGoogleの「Android」とAppleの「iOS」という2大モバイルOS向けにエンドポイント脅威検知・対処(EDR)ソフトウェア「Microsoft Defender Advanced Threat Protection」(旧「Windows Defender Advanced Threat Protection」、以下Defender ATP)を提供する計画を発表した。GoogleやAppleがそれぞれ標準のセキュリティ機能を提供しているのに、なぜMicrosoftがそのような機能を提供するのかと疑問視する声も上がっている。専門家によれば、変わり続ける現在のセキュリティ脅威の状況を考えれば納得できる決断だという。

視野の拡大

 調査会社Forrester Researchのアナリスト、アンドリュー・ヒューイット氏によると、Microsoftの決断は、企業の従業員が従来のPC以外のデバイスを仕事に利用するようになった潮流を反映している。「Microsoftは仕事に複数のデバイスを利用する傾向を認識している」とヒューイット氏は指摘する。同社の調査では、企業の従業員の20%が週に3台以上のデバイスを業務に使っていた。MicrosoftがDefender ATPの対象をモバイルデバイスに広げることは「PCに限らず企業内のあらゆるデバイスにおける『ゼロトラストセキュリティ』(何も信用しないことを前提とするセキュリティ戦略)実現を支援する姿勢の現れだ」(同)

 「Microsoftは企業の複雑な環境の安全性を確保する必要性を認識している」と、調査会社Constellation Researchのバイスプレジデント兼プリンシパルアナリスト、リズ・ミラー氏は語る。企業の従業員の間でモバイルデバイスの利用が当たり前になり、職場以外でも使う機会が広がったため、企業のネットワークの攻撃対象領域は拡大しているという。「モバイルデバイスは後から加えるエンドポイントになることが多いが、真っ先に攻撃を受けやすい上、数多くの脆弱(ぜいじゃく)性を有している可能氏がある」(ミラー氏)

 調査会社Enterprise Strategy Groupのシニアアナリストを務めるマーク・バウカー氏は、Defender ATPがAndroidやiOSでも利用できるようになれば「既にDefender ATPを利用しているIT担当者にさらに強固なデバイス管理手段を提供できる」と説明する。IT担当者は「Windows」搭載デバイスの保護に利用しているDefender ATPで、AndroidデバイスとiOSデバイスも保護できるようになる。

MicrosoftがAndroid、iOSのセキュリティを強化する意味

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...