2020年01月22日 05時00分 公開
特集/連載

Android全デバイスに影響か Qualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性ハードウェアに迫る危険【前編】

Armの技術「TrustZone」に基づくQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。発見者によると、「全てのバージョンの『Android』搭載デバイスが影響を受ける」という。

[Michael Heller,TechTarget]

 Armのセキュリティ技術「TrustZone」をベースにしたQualcommのセキュリティ機構「Qualcomm Secure Execution Environment」(QSEE)に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。セキュリティ研究者が2019年11月に明らかにした。攻撃者がこの脆弱性を悪用すると、モバイルデバイスに保存した機密性の高いデータを盗むことができる恐れがある。

 TrustZoneを組み込んだプロセッサを搭載したモバイルデバイスは、ブートローダー(システム起動時の処理を実行するプログラム)、無線LAN接続機能、OSの「Android」、Trusted Execution Environment(TEE:ハードウェアレベルでセキュリティを確保した実行環境)にセキュアな構造を組み込むことができる。このTrustZoneをベースにしたQSEEは大手Androidデバイスメーカーが採用しているセキュリティ機構だ。問題の脆弱性を発見したセキュリティベンダーCheck Point Software Technologies(以下、Check Point)のセキュリティ研究者スラバ・マッカビーブ氏は、ブログで公開したレポートで以下のように述べる。

 TEEは重要なデータの安全性を確保するものであり、強力な権限でプログラムを実行する。従ってTEEを構成するコンポーネントに脆弱性があると、保護すべきデータの漏えい、デバイスのroot権限(注1)取得、ブートローダーのロック解除、検出が困難なAPT攻撃(注2)の実行などにつながる恐れがある。そのため通常のOSは、最小限のプロセスのみがTEEにアクセスできるようにしている。

※注1:システムの重要な操作を実行できる管理者権限。

※注2:持続的な標的型攻撃。

QSEEの影響範囲は

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。