モバイルアプリの大半は脆弱性まみれ、それでもデータを守る方法は?iOSおよびAndroidアプリを調査

iOSおよびAndroidアプリを調査した結果、いまだに「驚くほど多くのアプリケーションの安全性が非常に低い」ことが分かった。安全なアプリがないに等しい状況でデータを守るにはどうすればいいのか。

2019年08月13日 08時00分 公開
[Warwick AshfordComputer Weekly]

 Positive Technologiesがモバイルアプリケーションのセキュリティについて最新の年次報告書を公開した。それによると、データを盗み出すために攻撃者が被害者のスマートフォンに物理的にアクセスする必要はほとんどなくなっているという。

 同社が公開した報告書「Vulnerabilities and threats in mobile applications, 2019」(2019年版モバイルアプリケーションの脆弱[ぜいじゃく]性と脅威)は、「iOS」および「Android」向けのモバイルアプリケーションが専門家によってテストされ、ほとんどの場合、モバイルアプリケーションの最も一般的なセキュリティ欠陥はセキュリティが確保されていないデータストレージにあることを明らかにした。

 セキュリティが確保されていないデータストレージが脆弱性として特定されたモバイルアプリケーションは76%に上る。中には、ハッカーがパスワード、財務情報、個人データ、通信内容を盗み出せるケースもあった。

 この調査では、iOSアプリケーションよりもAndroidアプリケーションの方が重大な脆弱性が若干多く存在することが明らかになっている。ただし、この報告書を執筆した専門家は両OSに大差はなく、モバイルアプリケーションのセキュリティレベルはほぼ同じだとしている。

 見つかった脆弱性の89%は、マルウェアによって悪用される可能性がある。端末がroot化またはjailbreakされると、感染のリスクが跳ね上がる。だが、マルウェアはそれ自体で権限を昇格できることもこの調査では示されている。被害者の端末に侵入したマルウェアは、ユーザーデータにアクセスするためにアクセス許可を求めることができる。その許可が与えられると、データを攻撃者に送り出す。

 Positive Technologiesでサイバーセキュリティレジリエンス部門の責任者を務めるリーアン・ギャロウェイ氏は次のように話す。「2018年にユーザーの端末にモバイルアプリケーションがダウンロードされた数は2050億回を上回る。開発者は、ユーザーに円滑で快適なエクスペリエンスを提供するためのソフトウェア設計には念入りな注意を払っている。だが安全性の問題に取り組むことに熱心な開発者は極めて少ないため、驚くほど多くのアプリケーションの安全性が非常に低い」

 「データを盗み出す際に、スマートフォンに物理的にアクセスする必要はない。アプリケーションがスマートフォンの機能やデータへのアクセスを要求する場合、スマートフォンユーザーはこれを詳しく調査することを推奨する。アプリケーションがデータに本当にアクセスする必要があるかどうか疑わしい場合は、要求を拒否すべきだ」(ギャロウェイ氏)

 ユーザーはテキストメッセージやチャットアプリケーション内の不明なリンクは開かない、サードパーティーのアプリストアからアプリケーションをダウンロードしないなど、慎重になることで身を守ることができるとギャロウェイ氏は言う。「用心するに越したことはない」と同氏は補足する。

 この調査では、開発者がホストし、情報の保管、処理、同期などを行うサーバ側アプリケーションもモバイルアプリケーションと同様に脆弱であることが示されている。

 保護レベルが不十分、または非常に不十分なサーバサイドコンポーネントは約43%あり、重大な脆弱性が含まれるコンポーネントも33%あったという。サーバ側でよく観測された重大性の高い脆弱性は、不十分な承認と情報漏えいだった。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。