2014年11月25日 08時00分 公開
特集/連載

無頓着なユーザーにも問題あり政府、業界団体の批判でも減らない、アプリの過剰な個人情報収集

英国政府機関やモバイル端末向けセキュリティ団体は、モバイルアプリが過剰に個人情報を収集していると指摘し、それを最小限にするよう呼びかけている。だが、アプリ開発者はあらゆる情報を取得しようとしている。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 英国政府の一機関である情報コミッショナー事務局(ICO)は、最近発表したリポートで、アプリの開発者は個人情報を過剰に収集していると指摘した。

Computer Weekly日本語版 11月19日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 11月19日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 この調査では、全世界を対象に1200個のアプリを抽出して分析。その結果、アプリのうち3分の1は、個人情報に対するアクセス許可を過剰に要求しているように見えると報告している。

 また同調査によって、アプリのうち32%は位置情報を、15%は他のアカウントへのアクセスを、10%はスマートフォン内蔵カメラへのアクセスをそれぞれ要求していることが判明した。

 ICOは2013年にアプリ開発者向けガイドブックを公開し、その中で次のように提唱している。「アプリで実行したいタスクに必要な、最低限の情報だけを収集し処理すること。この情報は将来必要になるかもしれないから念のため収集しておこう、というのは例えユーザーが情報を提供することに同意したとしても正しくない行為である。必要以上のデータを収集しないようにするのは、開発者自身のためでもある。こうすることで、うっかりデータを損失したり不適切な処理をしたりするリスクを自動的に減らすことになるからだ」

必要以上のデータ収集

 ソフトウェア企業の英Spaggettiの創業者ジョン・ホルタム氏は、これまでは必要以上に個人情報を収集していたと認めている。

続きはComputer Weekly日本語版 11月19日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 11月5日号:クラウドに失敗する企業の法則

Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?

Computer Weekly日本語版 10月8日号:進撃のBig Apple


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「Indeed」「ZOOM」がワンツーフィニッシュ 米国ビジネスアプリダウンロードTOP5(2019年10月度)
世界のモバイルアプリの潮流を分析。今回はiOSとAndroidにおける米国ビジネスアプリダウ...

news073.jpg

モバイルアプリの成長を後押しするテレビCMには2つのタイプがあると判明――フラーとエム・データ調べ
フラーはエム・データと共同で、モバイルアプリに関するテレビCMの放映回数・時間とアプ...

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...