2020年04月13日 05時00分 公開
特集/連載

Google Healthの乳がんAI検診システムが医学業界に賛否両論を巻き起こす理由放射線医学におけるAI技術の進歩【前編】

Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人間の診断によりも高い診断精度を示したと発表した。しかしこの研究は医学業界で賛否を呼んでいる。その理由は。

[Makenzie Holland,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


 Googleの医学研究機関「Google Health」は人工知能(AI)技術に関する、ある論文を発表した。乳房専用のエックス線検査「マンモグラフィ」による乳がん検診時の画像診断に、AI技術を利用した場合の検出精度を評価した論文だ。AI技術を用いた乳がんのスクリーニング(選別)検査の精度は、人の放射線科医よりも高かった。この結果は、乳がん検診の精度向上を目指す臨床研究の「道を切り開く」というのが論文の見解だ。

 2020年1月に国際的な総合科学ジャーナル「Nature」に掲載された「International evaluation of an AI system for breast cancer screening」(乳がん検診AIシステムの国際評価)で、Google HealthおよびGoogle傘下のAI研究企業DeepMind Technologiesの研究者は、この論文で乳がん検診AIシステムの特徴について説明し、米国と英国の女性被検者のデータに基づいた結果を公開した。論文によると、Google Healthの乳がんAI検診システムは、ほぼ全ての症例について人の専門家よりも高い診断精度を示した。

 この取り組みを称賛する専門家もいるが、論争も巻き起こしている。オレゴン健康科学大学(Oregon Health & Science University)の医学部で准教授を務めるビナイ・プラサード氏は自身の「Twitter」アカウントで「Google Healthのマンモグラフィに関する論文には不備がある」とツイートしたところ、医療関係者から何百通もの返信が寄せられた。

 このツイートで議論の的になったのは、乳がん検診AIシステムが機能するかどうかではない。プラサード氏が批判する最大のポイントは、そもそもなぜこのようなアルゴリズムが作られたのかだった。乳がんの研究者が目指すべきは、より多くの一般人を診断することではない。より侵襲性の低い形で、がんが良性なのかどうか、既に転移しているのかどうかを判断することだ。これは放射線科医でも判断が難しい。「Google Healthの乳がん検診AIシステムは、放射線医学分野におけるAI技術の重要な進化を証明する」と主張する医療関係者もいる。

Google Healthの研究に対する批判の中身

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...