Google Healthの乳がんAI検診システムが医学業界に賛否両論を巻き起こす理由放射線医学におけるAI技術の進歩【前編】

Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人間の診断によりも高い診断精度を示したと発表した。しかしこの研究は医学業界で賛否を呼んでいる。その理由は。

2020年04月13日 05時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


 Googleの医学研究機関「Google Health」は人工知能(AI)技術に関する、ある論文を発表した。乳房専用のエックス線検査「マンモグラフィ」による乳がん検診時の画像診断に、AI技術を利用した場合の検出精度を評価した論文だ。AI技術を用いた乳がんのスクリーニング(選別)検査の精度は、人の放射線科医よりも高かった。この結果は、乳がん検診の精度向上を目指す臨床研究の「道を切り開く」というのが論文の見解だ。

Google Healthの研究に対する批判の中身

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...