AI/機械学習/ディープラーニング 注目の事例・比較・解説記事

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、AI/機械学習/ディープラーニングに関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

AI/機械学習/ディープラーニング関連の解説

AWS、AIの偏見を防ぐ「Amazon SageMaker Clarify」を発表 AI倫理問題に対処

AWSが発表した「Amazon SageMaker Clarify」は、機械学習モデルに内在するバイアスを検出する。昨今議論が激化している、AI技術に内在する差別問題への対処を支援する。

予想的セキュリティの可能性と実現への壁

AI(人工知能)は、予測的なセキュリティ対策や自動対応を実現できるといわれる。そうした見方がどの程度正確なのかを検証する。

正真正銘のAI「汎用人工知能」(AGI)とは何なのか

現在「AI」と呼ばれている技術は、概して特定の限られた用途に使われている。これらのAI技術が進化を続ければ、人の知能を再現した真のAI、「汎用人工知能」(AGI)が登場する可能性がある。

用途を広げる自然言語処理AI「GPT-3」の、既に見えた限界と課題

人間が書いたような自然な文章を生成することで知られるGPT-3は、プログラムやSQLの生成にも応用されている。だが、既に幾つかの課題や限界も見えてきた。

注目の解説記事一覧へ

AI/機械学習/ディープラーニング関連の事例

放送局は「人格を備えたチャットbot」の倫理問題をどう解消したのか

人格を加えたチャットbotには倫理的な問題があるとの声がある。一方で先行事例の中には、少しずつ成功事例も現れ始めた。スポーツ専門チャンネル「Sky Sports」の事例を紹介しよう。

スマートグリッドを「AI」で強化 データで資源を有効活用

エネルギー分野でのAI(人工知能)技術の活用が広がりつつある。AI技術は既存の技術をどう変え、どのようなメリットをもたらすのか。

工業都市が新型コロナ対策に「チャットbot」活用 何を実現したのか

米国テネシー州ノックスビルは住民に対する新型コロナウイルス感染症の情報提供に、チャットbotを生かしている。なぜ導入し、どのようなメリットを得ているのか。

三井住友海上は「自動機械学習」(AutoML)で最適なCXをどう実現したか

三井住友海上火災保険はAutoML(自動機械学習)ベンダーdotDataの製品を使用して、パーソナライズしたCX(カスタマーエクスペリエンス:顧客体験)を提供する「MS1 Brain」を構築した。構築の背景を追う。

注目の事例記事一覧へ

AI/機械学習/ディープラーニング関連の比較

「汎用人工知能」(AGI)と「弱いAI」の違いとは

「AI」と呼ばれる技術には「弱いAI」と「強いAI」の2つがある。両者を隔てるものとは何か。そして結局のところ強いAIすなわち「汎用人工知能」(AGI)は実現可能なのか。

「本物のAIツール」と「偽物のAIツール」の違いとは?

「AI」という言葉がさまざまな意味や意図で使われ過ぎた結果、一般的なITツールと「AIツール」との区別が付きにくくなっている。両者はどう違うのか。

新型「MacBook Pro」、Apple初の8コア搭載モデルはどれだけ「プロ向け」か

Appleは「MacBook Pro」の最新モデルを発売した。そのハイエンドモデルはApple初の8コアプロセッサ搭載MacBookで、従来モデルよりも高速化を図った。

AWS、Microsoft、Googleの主要な「クラウドAIサービス」は? 4大用途で整理

AWSとMicrosoft、Googleのクラウドベンダー3社は、さまざまな用途で使える「クラウドAIサービス」を充実させている。4つの用途に絞って、主要サービスを整理する。

注目の比較記事一覧へ