AI/機械学習/ディープラーニング 注目の事例・比較・解説記事

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、AI/機械学習/ディープラーニングに関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

AI/機械学習/ディープラーニング関連の解説

AIの次の鍵は「メンタル共有モデル」

人間の危機対処能力はAIをはるかに上回る。AIは異常の説明や解決能力を持たない。AIが臨機応変な対応力を獲得する鍵はメンタル共有モデルにあるという。

(2021/8/17)

「求められるAI人材」になるための“納得の条件”とは?

AI人材の求人市場は活況を呈し、今後も高い需要が続く見込みだ。さまざまなAI人材の職種がある中、自分に最適な仕事を手に入れるためにはどうすればいいのか。具体的なアドバイスをまとめた。

(2021/8/3)

「汎用人工知能」(AGI)が“人とAIの共存する職場”を作る

AGIを活用すれば、完全自律型のプロセス自動化ツールが実現する可能性がある。そうすると現実味を帯びるのが、人とAIの共存だ。

(2021/7/30)

AIプロジェクトを引っ張る「AIアーキテクト」の役割と資質とは?

ひと言で「AI人材」といっても、さまざまな職種がある。仕事内容はもちろん、求められるスキルもそれぞれ異なる。BI開発者やAIアーキテクトの違いとは。AI人材を目指すなら、まずは職種の要点を押さえておこう。

(2021/7/27)

注目の解説記事一覧へ

AI/機械学習/ディープラーニング関連の事例

化粧品大手ロレアルが語る「Vertex AIは便利だが、無駄に使い続けない」の真意

化粧品会社L'Oreal傘下のModiFaceは、Googleの機械学習ツール「Vertex AI」を自社サービスに生かしているが、使い続けることを前提にはしていないという。その真意とは。

(2021/8/4)

化粧品大手ロレアルがGoogle「Vertex AI」で実現した“あのAIサービス”とは?

L'Oreal傘下のModiFaceは、Googleの機械学習ツール「Vertex AI」を採用することで、美容を切り口としたデジタルサービスの開発を加速させている。AI技術を消費者の「きれい」に生かす同社の取り組みとは。

(2021/7/28)

YouTubeやTwitterに習う「先手」のAI活用方法とは?

AI技術は企業のビジネスを変える大きな可能性を秘めている。先行してAI技術を活用してきた企業は、どのような方法でAI技術の活用に取り組んでいるのか。重要なのは、最初から完璧さを求めないことだ。

(2021/6/17)

Mastercardのプライスレスな顧客体験を生むAI技術

Mastercardが不正利用防止のために活用しているAI技術は、企業に対する顧客の愛着や信頼の向上に寄与する可能性がある。同社幹部へのインタビュー後編。

(2021/6/9)

注目の事例記事一覧へ

AI/機械学習/ディープラーニング関連の比較

「汎用人工知能」(AGI)と「弱いAI」の違いとは

「AI」と呼ばれる技術には「弱いAI」と「強いAI」の2つがある。両者を隔てるものとは何か。そして結局のところ強いAIすなわち「汎用人工知能」(AGI)は実現可能なのか。

(2020/12/9)

「本物のAIツール」と「偽物のAIツール」の違いとは?

「AI」という言葉がさまざまな意味や意図で使われ過ぎた結果、一般的なITツールと「AIツール」との区別が付きにくくなっている。両者はどう違うのか。

(2020/4/30)

新型「MacBook Pro」、Apple初の8コア搭載モデルはどれだけ「プロ向け」か

Appleは「MacBook Pro」の最新モデルを発売した。そのハイエンドモデルはApple初の8コアプロセッサ搭載MacBookで、従来モデルよりも高速化を図った。

(2019/6/15)

AWS、Microsoft、Googleの主要な「クラウドAIサービス」は? 4大用途で整理

AWSとMicrosoft、Googleのクラウドベンダー3社は、さまざまな用途で使える「クラウドAIサービス」を充実させている。4つの用途に絞って、主要サービスを整理する。

(2019/6/6)

注目の比較記事一覧へ