2023年06月17日 09時30分 公開
特集/連載

ChatGPTの謎用語「GPT」の“本当の意味”はこれだ「ChatGPT」と「GPT」の違い【第1回】

世界中で「ChatGPT」の利用が広がりつつあるが、その技術や仕組みを深く理解せずに使っている人は少なくない。ChatGPTに関する基本的な情報を整理しよう。まずは「GPT」とは何かだ。

[George LawtonTechTarget]

 人工知能(AI)技術ベンダーOpenAIが開発したチャットbot「ChatGPT」は、テキストや画像などを自動生成するAI技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)を実装したツールの代表格として、広く知られるようになった。ただしChatGPTのサービス名に含まれる「GPT」の意味を正しく理解している人は、それほど多くない。

「GPTとは何か」を一言で説明すると……?

併せて読みたいお薦め記事

「ChatGPT」は冷静に見ることが重要


 ChatGPTと同じくOpenAIが開発したLLM(大規模言語モデル)が、GPT(Generative Pre-trained Transformer)だ。LLMは、膨大なテキストデータでトレーニング済みの言語モデルを指す。人が話す「自然言語」を処理するために役立つ。

 GPTの「T」が指す「Transformer」(トランスフォーマー)とは、2017年にGoogleが発表した自然言語処理の論文で、言葉として初めて登場したディープラーニング(深層学習)モデルだ。つまりGPTは

  • G(Generative):さまざまな情報を生成する
  • P(Pre-trained):事前学習済みの
  • T(Transformer):深層学習モデル

ということになる。

 OpenAIが初代GPT「GPT-1」を公開したのは2018年だ。その後「GPT-2」(2019年)、「GPT-3」(2020年)、「GPT-4」(2023年)と新しいバージョンを投入し、自然言語処理の的確さを向上させてきた。


 次回からは、GPTとChatGPTの関係を詳しく見ていこう。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...