ChatGPTの謎用語「GPT」の“本当の意味”はこれだ「ChatGPT」と「GPT」の違い【第1回】

世界中で「ChatGPT」の利用が広がりつつあるが、その技術や仕組みを深く理解せずに使っている人は少なくない。ChatGPTに関する基本的な情報を整理しよう。まずは「GPT」とは何かだ。

2023年06月17日 09時30分 公開
[George LawtonTechTarget]

 人工知能(AI)技術ベンダーOpenAIが開発したチャットbot「ChatGPT」は、テキストや画像などを自動生成するAI技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)を実装したツールの代表格として、広く知られるようになった。ただしChatGPTのサービス名に含まれる「GPT」の意味を正しく理解している人は、それほど多くない。

「GPTとは何か」を一言で説明すると……?

併せて読みたいお薦め記事

「ChatGPT」は冷静に見ることが重要


 ChatGPTと同じくOpenAIが開発したLLM(大規模言語モデル)が、GPT(Generative Pre-trained Transformer)だ。LLMは、膨大なテキストデータでトレーニング済みの言語モデルを指す。人が話す「自然言語」を処理するために役立つ。

 GPTの「T」が指す「Transformer」(トランスフォーマー)とは、2017年にGoogleが発表した自然言語処理の論文で、言葉として初めて登場したディープラーニング(深層学習)モデルだ。つまりGPTは

  • G(Generative):さまざまな情報を生成する
  • P(Pre-trained):事前学習済みの
  • T(Transformer):深層学習モデル

ということになる。

 OpenAIが初代GPT「GPT-1」を公開したのは2018年だ。その後「GPT-2」(2019年)、「GPT-3」(2020年)、「GPT-4」(2023年)と新しいバージョンを投入し、自然言語処理の的確さを向上させてきた。


 次回からは、GPTとChatGPTの関係を詳しく見ていこう。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...