AI/機械学習/ディープラーニングの事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

AI/機械学習/ディープラーニング関連の事例

スマートグリッドを「AI」で強化 データで資源を有効活用

エネルギー分野でのAI(人工知能)技術の活用が広がりつつある。AI技術は既存の技術をどう変え、どのようなメリットをもたらすのか。

工業都市が新型コロナ対策に「チャットbot」活用 何を実現したのか

米国テネシー州ノックスビルは住民に対する新型コロナウイルス感染症の情報提供に、チャットbotを生かしている。なぜ導入し、どのようなメリットを得ているのか。

三井住友海上は「自動機械学習」(AutoML)で最適なCXをどう実現したか

三井住友海上火災保険はAutoML(自動機械学習)ベンダーdotDataの製品を使用して、パーソナライズしたCX(カスタマーエクスペリエンス:顧客体験)を提供する「MS1 Brain」を構築した。構築の背景を追う。

「IoTセンサー」と「自動機械学習」(AutoML)が森林火災検知に一役買う

Entel Oceanは、IoTセンサーとDataRobotの自動機械学習(AutoML)製品を使用して、チリの森林火災を自動的に検知している。人よりも迅速に火災を検知できる、その仕組みとは。

eBayは「AI」をどう活用しているのか? Eコマースに使えるAI

eBayは自動翻訳や画像認識、写真のクリーンアップなどのAI技術を利用している。ユーザーを引き付けてつなぎ止めるためだ。具体的にどう活用しているのか。

「ロボアドバイザー」「自然言語処理」がトレーダーと投資家の行動を変える

株式市場予測用のソフトウェアロボット開発が進んでいる。AI技術を使用した株式市場予測が、金融機関のトレーダーや投資家に与える影響とはどのようなものだろうか。

小売大手の事例に学ぶ、ビジネスの意思決定を「AI」に委ねるメリット

小売大手のWalmartが、ビジネスプロセスの意思決定にAI(人工知能)技術を利用しようとしている。同社の取り組みを見てみよう。

決済サービスで広がる「金融AI」の使い道とその課題

金融業界では不正検知を中心に人工知能(AI)技術が使われ始め、AI技術を活用した新たな金融・決済サービスも登場しつつある。ただしAIシステムで顧客情報を扱う際のプロセスには課題が残る。

GoogleのAIが指南する最先端デジタルマーケティング 「キスの仕方」動画も

「Google Cloud Vision API」「Google Natural Language API」などの「Google Cloud」サービスを使用することで、Unileverはソーシャルメディアで個人向けにカスタマイズした革新的なマーケティングキャンペーンを展開している。

RPAやチャットbotは「お役所仕事」をどこまで改善できるか

AIテクノロジーの活用を進めているのは一般企業だけではない。政府機関も利用を進めており、既に具体的なメリットを得ている。米国での事例を紹介する。

ローン会社が機械学習で実現した「信用情報が不要のローン審査」とは?

膨大なデータの活用を課題に掲げる企業がある一方で、少ないデータからどう知見を得るか悩む企業もある。いずれにしても解決の鍵はAI技術にあるようだ。メキシコのローン会社の事例からAI技術の可能性を探る。

音楽大学は「大学統合」で生じたシステム連携問題をどう乗り越えたのか

バークリー音楽大学は、ボストン音楽院との統合を受けて、2校のシステムを連携し、共通のデータ分析基盤を構築する必要があった。そのためのデータ統合ツールとして、SnapLogic製品を選んだ理由は何か。

税務署が楽になり、納税者が得をする「AI」の使い方

金融系企業がAI技術を使うと、これまで従業員や顧客に手入力を求めていたプロセスを自動化・効率化し、業務の速度を上げることができる。実例を基に、AI技術が金融業務にもたらす効果を示す。

農機大手がAWS「Redshift」「SageMaker」で顧客体験向上 導入時の苦労は?

農業機器大手のAGCOは「Amazon Redshift」「Amazon SageMaker」などのAWSサービスを利用して、AIベースの新しいマーケティングツールと顧客向けポータルの開発を進めている。競合がひしめく市場で勝ち残るためだ。

ゲーム業界のデジタルマーケティングに「AI」はどう活用されているか

ゲームにおける人工知能(AI)技術の活用は、キャラクターやゲーム世界の自動開発以外にも広がっている。ゲーム会社は既存プレイヤーと新規プレイヤーを対象とするマーケティングにもAI技術を活用している。

スーパーが「位置情報」と「コンピュータビジョン」を使うと何ができるのか

Eコマースだけでなく、実店舗でも最新のAI技術が導入されつつある。「コンピュータビジョン」を中心に、小売業者のAI技術活用例を取り上げる。

無人コンビニAmazon Goも活用 「コンピュータビジョン」が買い物を変える

「コンピュータビジョン」は、小売業者がレジ会計や買い物の動線の改善に活用できる。無人コンビニ「Amazon Go」も活用しているコンピュータビジョンの可能性に迫る。

AIの学習用データをクリーンにするには“ゴミデータ”を排除すべし

機械学習導入の最初のステップは、質が高くクリーンな学習用データを用意することだ。研究機関と企業の事例から、学習用データの質を高める方法について解説する。

“偏り”がプラスに作用することも 「AI」のバイアスとどう向き合うか

AIシステムのバイアスはリスクとなる一方、有益な結果をもたらすこともある。本稿では、AIシステムのバイアスの長所と短所を取り上げる。

巡回ロボットで店舗在庫を最適化 「AI」で物流はどう変わるのか

消費財メーカーでは、商品の需要に合わせた在庫の最適化が常に課題となっている。AI技術やロボットを使った物流の最適化について、事例を基に説明する。

Amazon、Facebookも批判の的に 「公平・公正なAI」はなぜ難しいのか

AIシステムのバイアスは、人種や性差に基づく誤った判断をもたらすことがある。Amazon.comとFacebookの事例から、現在のAIシステムが抱える課題について考える。

Amazonのレジなし店舗だけではない 「小売業×AI」の可能性と課題

本人確認と決済承認手段の方法として、人工知能(AI)技術を利用する実験的取り組みが始まっている。ただしAI技術には、依然として倫理的な課題が残っている。

不正検知だけではない「金融AI」の使い道 与信審査の“失敗”も回避

膨大なデータを有効に活用し、顧客とより密接につながるために、決済処理に人工知能(AI)技術を利用する動きが広がっている。事例を基に、その実態を探る。

打倒Amazonに「AI」(人工知能)と「データ分析」で挑む小売企業

小売企業で、実店舗とオンラインでの購買履歴を活用したマーケティングが進んでいる。AI技術の活用やデータ分析によって、顧客に合わせて商品を提案し、需要を生み出すことができる。

GEのAI活用、botを部下として扱うために必要なこと

GEはAI戦略の強化を図るため、AIを人間的にしようとしている。開発したAI botは管理職の下に配属した。課題は山積している。

顧客主導主義となるための投資

デジタルカスタマーエクスペリエンスの強化に向け、いかに小売り業務を転換すべきか。Forresterの「Digital Store Playbook」から抜粋して紹介する。

アパレル業界を変革する人工知能(AI) 需要予測や服の品質保証にどう活用されているか

ファッションデザイナーやアパレルショップは、人工知能(AI)技術を利用して人気商品を予想したり、製造やサプライチェーンの効率を高めたりしている。AIとファッションは、自然な組み合わせになりつつある。

「6分で口座開設」の実現例も アクセンチュアが銀行向けAIシステムを開発

アクセンチュアは銀行向けシステム「Chat Co-Robot」を発表した。ローン申し込み対応や口座開設を自動化し、行員や顧客の負荷軽減につなげる。

AI技術はどこまで普及? 先進「7業界」の人気事例を一挙紹介

さまざまな業界でAI技術の活用が広がっている。AI技術を使うと業務がどのように変わるのだろうか。また、どのような業務がAI技術の活用に適しているのか。各業界に広がるそのユースケースを紹介する。

新人でも即戦力 AI×テキストマイニングで“売れる理由”を示す「Asales」

ストックマークは2018年11月、営業活動における意思決定プロセスを支援するサービス「Asales」を発表した。営業活動にまつわるテキストデータを分析し、AI技術によって情報を推薦する。

AIによる作曲はゲームに新たな命を吹き込むのか?

インディーズのゲーム開発者は、プロシージャル生成を活用してゲームにさまざまな要素を組み込んでいる。その世界にAIが生み出す音楽が加われば、活気に満ちた現実のような世界を作り出せるかもしれない。

つながる飛行機とデータサイエンスが航空業界を変える

航空業界はデータ活用によって、大きな変革が起こりつつある。高速インターネット接続が可能で、自己メンテナンス機能を備えた航空機用電子システムの開発も進んでいる。

「AI」(人工知能)が不動産担当者の職を奪う?

不動産業務にAI技術を取り入れる動きが広がりつつある。反復作業によるミスを減らすといった日常業務の効率化だけではなく、顧客が好む物件を提案するなど、人の判断を代替する用途も現実的になってきた。

ソーシャルメディアに使われるAI技術 マーケティングから密猟防止まで

企業はソーシャルメディアマーケティングにAI技術を利用することで、マーケティングオートメーションを進めている。ソーシャルメディアとAI技術を組み合わせた、意外な分野のユースケースも登場し始めた。

化粧品会社の人事採用チャットbotが救ったのは「17%の既存顧客」

化粧品会社L'Orealでは、年間求人応募数が200万人に上る。145人の採用担当者で対応しているが、さらなる効率化のために人材採用プロセスを補助するチャットbotを導入した。

人工知能(AI)の不公平な判断を指摘するツール IBMが提供開始

日本IBMが企業のAI技術活用を支援するためのサービス/ツール群の提供を開始した。中でも注目のツールは、AIエンジンが使った判断材料を分析し、検証する「Trust and Transparency capabilities」だ。

ウィンブルドン選手権でも活躍、AIが735億ドルの北米スポーツ市場を支える

人工知能(AI)の活用はスポーツの分野でも進んでいる。ファンとのつながりを強めたり、試合中の判定の精度を高めたりするのにAIが役立っている。

AIが家庭教師や参考書の役割を果たす 教育機関でのAI活用の実態は?

AI技術の教育機関での利用が進みつつある。その用途は学習メニューの提供から入学プロセスの自動化まで多岐にわたる。技術は教師と生徒にどのような効果をもたらしたのか。

リクルート流 深層学習でビジネス成果を得るための方法論

深層学習をどうやってビジネスの現場に適用させればいいのか。先駆者に学ぶ。

新惑星発見に使われたGoogleの機械学習技術とは プロジェクト発案者が語る

GoogleとNASAは、機械学習技術の一つであるコンボリューショナルニューラルネットワークを用いて、新惑星を発見した。惑星探索に機械学習技術をどう活用したのか。

人工知能(AI)と機械学習データの課題、予測不能な世界を予測するには?

企業が膨大なデータや先進技術を活用するには、予測がつかない将来に対応するという難題が立ちはだかる。MITメディアラボ准教授のイヤッド・ラーワン氏はそう指摘する。

女子高生AI「りんな」は人間に投資信託を買わせることができるか?

AIチャットbotを、例えば個人の資産運用にどう活用することができるか。日興アセットマネジメントの神山直樹氏とLINEの砂金 信一郎氏が語り合った。

機械学習はUberやAirbnbのようなイノベーションを自動車保険業界にもたらすか

機械学習ツールを活用できる分野はデジタルマーケティングだけではない。自動車保険会社のHiRoad Assuranceは、保険加入者の安全運転に機械学習ツールを役立てている。

HoloLensで遠隔地の医師も参加した外科手術成功

Microsoftの「HoloLens」による仮想現実を使って海外の医師がサポートする手術が行われた。

「予測分析にはビッグデータが不可欠」という“常識”を疑え

データ量が多いからといって、必ずしも予測分析の精度が上げるわけではない。データを予測モデルに適用する前に、データを吟味して理解することが肝要だ。

医師が論文検索に「TensorFlow」活用、人間なら心が折れる作業も深層学習で効率化

医師が診療ガイドラインを策定するための論文検索に深層学習を活用した。用いたのはGoogleが開発した「TensorFlow」。人間の労力を減らし、人間が見落としていたものを発掘するなどの効果が得られた。

AI導入成功企業の共通点は「AIかどうかを選定理由にしない」こと

AIを導入した企業はどのような課題を抱え、解決したのか。本稿で紹介する2つの事例の共通点は、導入製品がAIであるかどうかを全く重要視していないことだ。彼らが重視したことは何だったのか。

箱根湯本の老舗ホテルが考える、顧客満足のためのデータとAI活用

IT活用で挑む顧客満足向上施策とはどのようなものか。創業60年を超える老舗ホテルの取り組みに学ぶ。

Uberの空飛ぶタクシーは2023年に開始予定? 夢のプロジェクトが着々と進行中

未来の象徴として描かれてきた空飛ぶ車が、技術的に実現可能になりつつあるという。Uber Elevateの試みを紹介する。

日立の“次の100年”を担うIoT基盤「Lumada」の可能性とは?

日立製作所は、Hitachi Vantara(日立ヴァンタラ)の設立とIoT基盤「Lumada」の商用リリースを掲げ、デジタル変革市場の競争に参入した。

Airbnbはこのツールで超高速な意思決定を実現、「データ民主化」とは

民泊サービスのAirbnbは、起業当初からデータの価値を認識していた。同社は、データを「民主化」するツールを構築し、トレーニングを考案した。その結果、従業員はデータサイエンティストへと変貌を遂げた。

マジェンシー、人工知能(AI)を備えた会議ソリューションを発表

フランスのスタートアップ企業マジェンシーは、タブレットによる情報共有を可能にする会議ソリューションに、人工知能(AI)を活用した音声認識機能やデータ分析機能を追加した新製品を発表した。

沖縄銀行はなぜ「AI活用型マルウェア対策製品」をいち早く導入したのか

2016年に創立60周年を迎えた沖縄銀行は、以前から取り組んできたセキュリティ対策を一段と強化すべく、人工知能(AI)技術を活用したマルウェア対策の導入に踏み切った。その背景とは。

「人間よりチャットbot」の時代、サポート担当者は失業するのか?

顧客サービスに人工知能(AI)とチャットbotを導入しても、人間のサポート担当者が不要になるわけではない。人間とチャットbotがそれぞれの役割を果たせば、よりよい顧客サービスを提供できる。

「IBM Watson」×「Salesforce Einstein」 AI連携が生む価値

「Salesforce Trailhead Live Tokyo」の講演内容から「IBM Watson」と「Salesforce Einstein」が連携することで企業にはどのようなメリットがもたらされるのかを探る。

「AI」が可能にする自動売り上げ予測――次の業務システムが向かう先とは

「人工知能」技術がさまざまなサービスで活用されるようになってきた。企業の業務において、AI技術はどのような可能性を持つのだろうか。ERPの視点から考えてみた。

あらゆるアプリを賢くする人工知能(AI)の限界、それでも熱視線が集まる理由

人工知能(AI)システムが大いに注目を集めている。AIをどう導入すればビジネスに効果的か、それを理解することは企業にとって緊急の課題となっている。

ビッグデータ分析の隠れた本命、「深層学習」の底力とは?

複雑な解析問題を扱うために設計されている深層学習ソフトウェアは非構造化データを扱うときに最も効力を発揮する。

シェアリングエコノミー業界はデータ分析が命綱、データ駆動型改革のススメ

シェアリングエコノミービジネスにとって、データに基づいた意思決定はなぜ重要なのか。ドッグシッターのマッチングサービスRover.comの最高技術責任者(CTO)であるスコット・ポラド氏がその理由を説明する。

P RERP連携で社内問い合わせの負荷を軽減、テレワーク時代のチャットbot活用術

テレワークの普及やBCP対策のため、業務を改善する必要性は理解できても、その実現は容易ではない。そこで注目したいのが、ERPとの連携で従業員の業務が大幅に効率化できるチャットbotを、費用を抑えて導入できるサービスだ。

P R“ナレッジ継承”へのAI活用術――暗黙知/形式知の2つの側面から解説

多くの組織が直面している「ナレッジ継承」の問題を解決する方法として、AIの活用が注目されている。言語化が難しい「暗黙知」、検索が困難な「形式知」という2つの側面から、AIがどのように貢献するのかを解説する。

P RAI活用のハードルを高く感じる企業に勧めたい、AIツールの短期導入術

多様な業務領域での活躍が期待されるAIだが、その導入ハードルは高いと思われがちだ。ただ、身近なビジネス課題に対して、用途に応じたAIサービスを適用するなら、数週間という短期間で導入することも可能になっている。

P Rテキストコンテンツの品質向上とカスタマーエンゲージメントの関係性とは

製造業系企業にとってマニュアルなどのテキストコンテンツは重要な役割を担う。分かりにくければ、商品イメージの低下にもつながる恐れがある。カスタマーエンゲージメントを高めるために、テキストコンテンツの品質向上は重要な課題だ。

P RLINEで軽々超える顧客との距離 カスタマーサポートの進化最前線

コンタクトセンターにLINEを導入し、電話やメールとは違った新しい顧客体験を提供する企業が増えている。成功企業の取り組みを紹介する。

P RRPAを「ブラックボックス」にさせない、RPAを利用するための最適解

バックオフィスの煩雑な作業を自動化するロボティックプロセスオートメーション(RPA)が注目を集めているが、いざ導入してみるとさまざまな課題が浮上する。解決策は。

P RNTTコムウェアとUQコミュニケーションズに学ぶデータ統合の間違いないプロセス

データドリブンな意思決定を志向する企業が増えつつあるが、たくさんのデータを持っていればビジネスに有利といえば、必ずしもそうではないようだ。

P RBIはこう使う、なぜラインごとに部品生産数のばらつきがあるのか?

「なぜ生産部門ではラインごとに部品生産数のばらつきが大きいのか?」と質問を受けた工場長。BIを使った生産データ分析へ挑んだが予想外の展開が……。

P RAIがビジネスに役立つために何が必要か

少子高齢化による労働人口減という日本の課題解決に向けてAI(人工知能)活用は欠かせない。まずはAIの現状を正しく知ることから始めよう。

P R「LINE」やAIも活用、オムニチャネル攻略のために今すべきことは?

企業と消費者とを結ぶ「接点」が複雑化しつつある。これは課題であると同時にチャンスでもある。業務を効率化しつつ、新たな顧客価値を創造するために企業は今何をすべきか。

P R共に歩んで40年、日本生命保険がIBMメインフレーム最新モデルを採用したわけ

日本生命保険は40年以上IBMメインフレームを活用し、今回、新たに災害対策用として新モデルを採用した。同社のIT基盤を支える2社にこれまでの歴史と採用の理由を聞いた。

P R「機械学習=面倒」はもう古い、Azure ML活用ソリューションの便利度は

機械学習によるデータ分析は用意が大変で、運用にコストがかかる。そんなイメージを変える「Azure Machine Learning」活用の新サービスが登場した。

P R「この変更はここまで影響」、チェンジインパクト解析で可能になるテスト効率化

ソフトウェア開発において開発時間の短縮が急務になっている。だが、従来手法ではテスト効率化に限界が。今必要なのは「本当にテストが必要な場所」を提示できるツールだ。

P RLOHACOが活用するLINE上のAIチャットボット、応対の成否を左右する要素とは

AI(人工知能)による顧客応対と聞くと実用性を疑う方もいるかもしれないが、既に通販サイトなどの身近な場所で活躍中だ。しかも、導入メリットは意外なほど大きいという。

P R「データサイエンティストが足りない」の大問題をどう乗り越える?

あらゆる業務において経験や勘だけでなく、データに基づいた意思決定を実現したい。ただ、データサイエンティストは今でも手いっぱい。うまい解決手段はないだろうか。

P R2400万件の研究データを数時間で分析、AIがもたらす人知を越えたビジネス革新

画像や動画、IoTのセンサーデータなど、これまで活用されてこなかった非構造化データ。今後のビジネスを左右するといわれる膨大な非構造化データの活用を目指す企業が今注目しているのが、人工知能の「IBM Watson」だ。

P RWatsonとPepperが連携、みずほ銀行の「人とロボットのおもてなし」が作る未来

みずほ銀行では、近年、コグニティブロボットによる「人とロボットのおもてなし」や、コールセンター業務へのIBM Watsonの活用を進めている。このような先進的な取り組みから、人工知能によるビジネス革新の可能性を探る。

P R問題はなぜ起きた? さまざまな角度で分析する対話型データ探索と予測分析の力

ビジネスユーザーが自分で使いこなせる高度な分析ツールがあれば、日々の問題の解決で参考になるデータを収集して、将来発生する問題を防止できるような重要な意思決定の助けになるはずだ。ヒントは対話型のデータ探索と予測分析にある。

P RIoTの大量データをリアルタイム分析できたら、ビジネスはどう変わるだろうか?

モノのインターネット(IoT)の大量データをタイムリーかつ高度に分析できる強力な処理エンジンがあれば、さまざまなビジネス課題の答えが見つかるかもしれない。それが「ストリーミングアナリティクス」だ。

P Rデータ統合で「必要な時に必要なデータを」、成功企業の実例は

データ分析を考える際に欠かせないのが分析対象のデータを集める「データ統合」だ。世界のビッグデータ先進企業はこのデータ統合に注目している。海外や国内成功企業の事例と共に最新ソリューションを紹介する。

P R企業を成長させる「データ分析入門」

分析は一度実施したらそれで終わりではない。エキスパートによると、分析には8つのステップがあるという。それを繰り返し行い続ける企業が、分析を成長の武器へと変えることができるのだ。

[an error occurred while processing this directive](none)