「AI系の資格」を持っておくのが“賢い選択”になる3つの理由仕事に役立つ「AI」資格10選【前編】

ビジネスにおけるAI活用が進む中で、これから需要が高まると考えられるのが、AI技術に関わる人材と、AI関連の認定資格だ。認定資格を持っておくのが賢い選択になる理由を紹介する。

2024年05月07日 08時30分 公開

関連キーワード

人工知能 | 資格


 人工知能(AI)技術を利用するための手段が多様になり、企業がビジネスの競争力を高める上ではAI技術が極めて重要な存在になりつつある。そうした中で、これからはAI技術に関わる人材と、そうした人材がAI関連の知識やスキルを保有していることを証明するための認定資格の需要が高まると考えられる。

 AI技術の基礎から応用までを学び、資格を取得できる学習コースが幾つも登場している。そうした資格を取得することは、なぜ仕事をする上で“賢い選択”になる可能性があるのか。

「AI資格」を取得するのが“賢い選択”になる3つの理由

 調査会社IDCは2023年12月に、世界のAIソフトウェア市場規模に関する予測を発表した。2022年から2027年にかけて、その市場規模は640億ドルから2510億ドルまで拡大する。年間平均成長率(CAGR)は31.4%になる見通しだ。

 AI技術の活用は金融やヘルスケア、小売りなど幅広い業界で進んでいる。用途は、不正検出をはじめとしたセキュリティ面の監視や、AIアシスタントによる業務効率の改善、ロボット作業や工場における各種オペレーションの自律化など多岐にわたる。

 近年、AI技術の活用が広がる動きを受けて、さまざまな企業や団体がAI関連資格の提供を始めている。そうした資格を取得するメリットは大きく3つ挙げられる。

  1. キャリアの開拓
    • 資格取得を通してAI分野への理解を深めることで、AI系キャリアを開拓するための第一歩を踏み出せる。
  2. ライバルとの差異化
    • AI技術は急速に進化しており、その分野に精通した人材は、成熟した技術の分野に比べればまだ少ない。資格を取得することで、自分がAI活用に必要な知識やスキルを持っていることを企業に印象付けることができる。
  3. 待遇の向上
    • AI関連の認定資格を持つ人材は、そうでない人材よりも多くの給料を得ることができる可能性がある。

 次回以降は、AI技術関連の資格を取得できるコースを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。