エンジニアで“年収1500万円プレーヤー”になれる「資格」はこれだ稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第1回】

サーバ分野のエンジニアの需要は引き続き旺盛だ。「できるサーバエンジニア」として評価され、キャリアを築き、年収を上げていくには何が必要なのか。認定資格を含めて整理した。

2024年03月25日 08時00分 公開

関連キーワード

インフラ | サーバ | スキル


 サーバエンジニアは需要が旺盛だ。MicrosoftのサーバOS「Windows Server」を担当するエンジニアの平均年収は10万1706ドル(約1500万円)――。求人サイトを運営するZipRecruiterが2024年1月に報じた。

 企業でITの必要性が高まることを背景に、サーバエンジニアが引く手あまたである状況は至るところで見られる。“年収1500万円プレーヤー”になるための、認定資格やスキルを紹介しよう。

“年収1500万円プレーヤー”になれる「資格」はこれだ

 サーバエンジニアの主な職務は、サーバやPCを中心としたインフラを構築・管理し、従業員が仕事に必要なアプリケーションに確実にアクセスできるようにすることだ。サーバやPCで問題が発生した際の対処や、セキュリティを高めるためのパッチ(修正プログラム)適用もサーバエンジニアの守備範囲になる。企業によっては、ソフトウェアの設計や開発をサーバエンジニアに求める場合もある。

 サーバエンジニアが持つべき技術スキルは、企業の規模や事業内容によって異なる。サーバエンジニアはキャリアパスを築くに当たり、常に最新の技術動向を吸収し、腕を磨き上げることが重要だ。具体的な認定資格としては、以下がある。

  • Cisco Systems「Cisco Certified Network Associate」(CCNA)
    • ルーターやスイッチの設定方法など、ネットワークの基礎知識
  • Cisco Systems「Cisco Certified Network Professional - Data Center」(CCNP Data Center)
    • データセンター技術に関する知識
  • VMware「VMware Certified Professional」(VCP)
    • 仮想化の基礎知識
  • VMware「VMware Certified Advanced Professional」(VCAP)
    • 仮想化の高度な知識
  • VMware「VMware Certified Professional - Cloud Management and Automation」(VCP-CMA)
    • クラウド管理や自動化の知識
  • Citrix Systems「Citrix Certified Expert - Virtualization」(CCE-V)
    • 仮想化の知識
  • Citrix Systems「Citrix XenServer Certified」(CC-XenServer)
    • 仮想化ソフトウェア「XenServer」の知識
  • Microsoft「Microsoft Certified: Azure Database Administrator Associate」
    • データベースの知識
  • Microsoft「Microsoft Certified: Azure Solutions Architect Expert」
    • クラウドサービス群「Microsoft Azure」活用の知識
  • Amazon Web Services(AWS)「AWS Certified Sysops Administrator - Associate」(AWS認定SysOpsアドミニストレーター - アソシエイト)
    • クラウドサービス群「Amazon Web Services」(AWS)運用管理の知識

 ソフトウェア定義データセンター(SDDC)のスキルを高めたいと考えているエンジニアは、VMware(Broadcomが2023年11月に買収)やMicrosoftが提供する、SDDC関連の学習コースの受講や認定資格の取得を検討するといいだろう。学習コースでは、SDDCにおけるインフラ構築や管理、トラブルシューティングの手法などの知識を身に付けることができる。


 第2回は、サーバエンジニアに求められるスキルを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...