フルバックアップはさすがに重い……頻度アップなら「差分」「増分」をこう使うRPOから差分バックアップまでの基礎解説【後編】

バックアップの手法にはフルバックアップの他に、「差分バックアップ」と「増分バックアップ」がある。バックアップの頻度を高める場合、これらのバックアップ手法をどう使い分ければいいのか。

2024年03月25日 06時00分 公開
[Stuart BurnsTechTarget]

関連キーワード

バックアップ | データ | セキュリティ


 データのバックアップでは「頻繁に」「網羅的に」という2点を徹底することでデータ保護の対策を強化することが可能だ。だが、全データを完全に複製する「フルバックアップ」を毎回実施するのでは時間もコストもかかる。そこで時間やコストを節約するための選択肢になるのが「差分バックアップ」と「増分バックアップ」だ。これらの手法は何が違い、どう使い分ければいいのか。

バックアップ頻度アップなら、フルではなく「差分」「増分」をこう使う

併せて読みたいお薦め記事

連載:RPOから差分バックアップまでの基礎解説

バックアップを巡る動向は


 バックアップの効率を高める手法の一つに、自動化がある。自動化によってバックアップ担当者の負荷を軽減することができるので、バックアップの回数を増やしやすくなる。とはいえ自動化を取り入れてバックアップを実施したところで、エラーが発生していないかどうかを確認するなどの作業は必要なので、負担が増える懸念は残る。

 フルバックアップには時間がかかるので、毎日取得できるとは限らない。差分バックアップまたは増分バックアップであれば、フルバックアップほど時間がかかることはない。その違いは次の通り。

  • 差分バックアップ
    • 最新フルバックアップの後に変更されたデータのみをバックアップする。最初の差分バックアップの次の差分バックアップでも、最新フルバックアップ以降に変更された全データのバックアップを取得することになる。
  • 増分バックアップ
    • 最新の増分バックアップ以降に変更されたデータのみをバックアップする。変更のあったデータをバックアップ対象にする点は差分バックアップと同じだが、増分バックアップは前回の増分バックアップからの変更が対象になるので、起点が違う。

 例えば、日曜日にフルバックアップを実施したとしよう。差分バックアップだと、月曜日は月曜日に変更されたデータ、火曜日は月曜日と火曜日に変更されたデータ(2日分)がバックアップの対象になる。そのため、バックアップのデータ量が累積で増えていく。

 一方で増分バックアップでは、月曜日は月曜日に変更されたデータ、火曜日は火曜日に変更されたデータのみがバックアップの対象になる。そのためバックアップのデータ量は、差分バックアップほどには増えない。

 一般的には、これらのバックアップ手法を組み合わせて運用すると、バックアップの対策強化と、時間やコストとのバランスを取ることができる。例えば週末にフルバックアップを取得し、その後は差分バックアップか増分バックアップのみにする。そうすれば、時間のかかる“重たい作業”を週末だけに集中させることができる。バックアップ頻度を高めたい企業は、まずはこの方法を採用するとよい。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...