2023年01月18日 05時00分 公開
特集/連載

新時代の「バックアップ」はこう変わるバックアップツールの将来動向【第1回】

ITの進化に伴い、バックアップツールに求められる機能も変化している。企業向けバックアップツールは今後どう変わるのか。

[Stephen PritchardTechTarget]

 バックアップツールには、ITのさまざまな変化と共に進化してきた歴史がある。これからのバックアップツールには何が求められるのか。本稿は、企業向けバックアップツールが今後どう変化するのかを考える。

これから「バックアップ」はどう変わるのか

 今後、バックアップツールは複雑化するデータ保護に適応しなければならない。次のような技術が台頭したことで、データが生成および保存される仕組みが複雑化しているためだ。

  • コンテナ
    • アプリケーションの実行環境を仮想化
  • マイクロサービスアーキテクチャ
    • 複数のサービスによって1つのアプリケーションを構成
  • マルチクラウド
    • 複数のクラウドサービスを活用
  • ハイブリッドクラウド
    • オンプレミスインフラとクラウドサービスを組み合わせて利用

 他にも、バックアップツールに強い影響を与える動きがある。近年はランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃が広がったことで、企業は

  • 「WORM」(Write Once Read Many:書き込み1回、読み込み複数回)機能を持つ光ディスクやテープ
  • オフサイト(システムが稼働する場所とは別の場所)でのバックアップの保管

などに目を向けている。バックアップをオフサイトに保存することで本番システムとバックアップを物理的に隔離する「エアギャップ」を設けることは、ランサムウェアからバックアップを保護する方法の一つだ。


 第2回以降は、バックアップツールのベンダー複数社への取材を基に、データ保護の領域が今後どのように進化すると考えられるのかを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...