2019年02月12日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Server 2019」も搭載、いまさら聞けない「SDN」とはSDNの基礎とWindows ServerのSDN機能をざっくり整理

ネットワークの構築や運用を効率化したり、セキュリティを向上させたりする上で注目すべきなのが「SDN」技術だ。Microsoftが「Windows Server」に導入したSDN機能と併せて、そのメリットをあらためて見ていこう。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
画像

 ITインフラ運用の効率化を求める企業が増えつつある。ソフトウェアでネットワークを動的に制御する「ソフトウェア定義型ネットワーク」(SDN)の考え方に基づく技術は、管理者がこうした要求に対処する一つの方法となっている。

 サーバやストレージは仮想化の採用が広がる一方、ネットワークは依然として、大抵はベアメタル(物理)のままだ。新しいネットワークセグメントの作成やセキュリティの確保のためには、手動でセットアップや構成をする必要がある。

 SDN技術は、管理者による一元的なネットワーク構築/管理を可能にする。MicrosoftがサーバOS「Windows Server」で提供するSDN機能には、管理者がネットワークの迅速な変更を可能にして、ソフトウェア定義型データセンター(SDDC)を実現するために必要な、多くの技術が凝縮している。

SDNはIT担当者にどう役立つか

 LANを構成するさまざまな物理デバイスと仮想デバイスを一元的に構成、監視、管理できるようにする上で、SDN技術は大いに役立つ。ここでいう「デバイス」には、ネットワーク内のルーターやスイッチ、ゲートウェイ、ファイアウォールなどがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...