2019年のネットワーク9大動向:SD-WAN、脱クラウド、エッジ 革新の予兆は?拡張と分散とは何を意味するのか

2019年、SDNやSD-WANが定着し、一方でマルチクラウド、エッジコンピューティング、インテントベースネットワーク、データセンターへの回帰などが台頭する。

2019年02月01日 05時00分 公開
[John FrueheTechTarget]
画像

 2019年はどのような年になるだろうか。ネットワークテクノロジーの中で2019年に脚光を浴びるトレンドとして「拡張」と「分散」を挙げておこう。

 オンプレミスからクラウドへ移行するビジネスが増えるにつれ、ネットワークはより広く「コネクター」としての役割を果たすようになるだろう。こうしたクラウドへの移行が拡大する流れの中で、以下のようなネットワーク技術のトレンドに注目したい。

変革途上のネットワーク、注目すべき9つの要素

ITmedia マーケティング新着記事

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...

news182.jpg

モバイルゲームの最新トレンド 「ハイブリッドカジュアル」はなぜ好調なのか?
AdjustとAppLovinは共同で、モバイルビジネスとしてのモバイルゲームの最新トレンドやデ...

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...