2019年02月01日 05時00分 公開
特集/連載

2019年のネットワーク9大動向:SD-WAN、脱クラウド、エッジ 革新の予兆は?拡張と分散とは何を意味するのか

2019年、SDNやSD-WANが定着し、一方でマルチクラウド、エッジコンピューティング、インテントベースネットワーク、データセンターへの回帰などが台頭する。

[John Fruehe,TechTarget]
画像

 2019年はどのような年になるだろうか。ネットワークテクノロジーの中で2019年に脚光を浴びるトレンドとして「拡張」と「分散」を挙げておこう。

 オンプレミスからクラウドへ移行するビジネスが増えるにつれ、ネットワークはより広く「コネクター」としての役割を果たすようになるだろう。こうしたクラウドへの移行が拡大する流れの中で、以下のようなネットワーク技術のトレンドに注目したい。

変革途上のネットワーク、注目すべき9つの要素

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...