2019年02月01日 05時00分 公開
特集/連載

2019年のネットワーク9大動向:SD-WAN、脱クラウド、エッジ 革新の予兆は?拡張と分散とは何を意味するのか

2019年、SDNやSD-WANが定着し、一方でマルチクラウド、エッジコンピューティング、インテントベースネットワーク、データセンターへの回帰などが台頭する。

[John Fruehe,TechTarget]
画像

 2019年はどのような年になるだろうか。ネットワークテクノロジーの中で2019年に脚光を浴びるトレンドとして「拡張」と「分散」を挙げておこう。

 オンプレミスからクラウドへ移行するビジネスが増えるにつれ、ネットワークはより広く「コネクター」としての役割を果たすようになるだろう。こうしたクラウドへの移行が拡大する流れの中で、以下のようなネットワーク技術のトレンドに注目したい。

変革途上のネットワーク、注目すべき9つの要素

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...