ChatGPTとGPTの「IT用語」としての違いとは? どう使い分ける?「ChatGPT」と「GPT」の違い【第4回】

頻繁に耳にするようになった「ChatGPT」と「GPT」という2つの言葉。これらの言葉は、どう使い分けられているのか。“GoogleのChatGPT”が存在しない背景とは。

2023年07月06日 08時15分 公開
[George LawtonTechTarget]

 AI(人工知能)技術を使ったチャットbot「ChatGPT」と、LLM(大規模言語モデル)「GPT」(Generative Pre-trained Transformer)は別物だ。両方を開発しているAI技術ベンダーOpenAIや他の企業は、それぞれの言葉をどう使い分けているのか。具体例を見てみよう。

IT用語としての「ChatGPT」と「GPT」を正しく使い分ける

 ChatGPTという言葉は、当然ながらChatGPTのサービス名を指す。OpenAIは同社の広報活動の中で、例えば「ChatGPTのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を公開した」といった具合に、ChatGPTという言葉をサービス名として用いている。

 Slack Technologiesのプロダクト担当シニアディレクター、ジャッキー・ロッカ氏は、同社のビジネスチャットツール「Slack」について「SlackにChatGPTのインテリジェンス(自然言語処理能力)を組み合わせることにより、さまざまな企業でAI技術がより身近になる」と述べている。ロッカ氏もChatGPTという言葉で、具体的なサービスに言及している。

 GPTは前述の通りLLMであり、ChatGPTのようにしばしばサービス名の末尾に付く。OpenAI以外の企業が、GPTという言葉を使うことがある。もともとGPTの中核となるディープラーニング(深層学習)モデル「Transformer」(トランスフォーマー)を考案したのはGoogleだ。同社はサービス名をはじめとする、自社のAI技術のブランディングでは、基本的にGPTという言葉を使用しない。ChatGPTの対抗馬になるGoogleの「Bard」は、その分かりやすい例の一つだ。


 次回は、OpenAIが提供するGPTの主な種類と、それぞれの技術的な違いを解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...