2023年07月05日 08時15分 公開
特集/連載

脱クラウドに踏み切った駐車場会社 「サーバを買った方が安上がり」脱クラウドだけじゃない「クラウドコスト問題」の対処法【第2回】

空港駐車場サービスのPark 'N Flyは、クラウドサービスをやめる「脱クラウド」に踏み切った。その背景には、クラウドサービスを取り巻く「コスト」に関する複雑な問題があったという。どういうことなのか。

[Beth PariseauTechTarget]

 米国の空港駐車場サービス会社であるPark 'N Flyは、クラウドサービスをやめてオンプレミスインフラに回帰する「脱クラウド」に着手し始めた。既に2022年には、クラウドサービスとして利用してきたインフラリソースの半分を、オンプレミスインフラに戻している。脱クラウドの理由として同社が挙げるのは「コスト」だ。

サーバを買った方が安上がり クラウドは“全然安くない”の真相

 Park 'N Flyでは事業拡大に伴い、社内で利用するクラウドサービスやその契約アカウントの数が増加。それに伴い、クラウドサービスのコストがかさむようになった。社内に存在するクラウドサービスやアカウントを管理し切れなかったことは、コストの増大に拍車を掛けた。

 「クラウドサービスがオンプレミスインフラよりも高価であることは、常に意識していた」。Park 'N FlyのCTO(最高技術責任者)で、ITシニアディレクターのケン・シルマッハー氏はこう話す。シルマッハー氏は、クラウドサービスの利用規模が拡大すれば、ボリュームディスカウントの適用により、利用料金が安くなると期待していた。「実際にはその正反対だった」と同氏は明かす。

 オンプレミスインフラを構築する上では、物理的な場所の確保やハードウェアの購入が必要になり、それらには当然ながらコストが掛かる。Park 'N Flyの場合、サーバを全て買い換えても、クラウドサービスの4カ月分の利用料金と同等の金額だったという。「それだけクラウドサービスは高額だった」(シルマッハー氏)


 第3回は、Park 'N Flyが大半のシステムをオンプレミスインフラに移行させながら、クラウドサービスに幾つかのシステムを残している理由を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

営業担当者が顧客とのやりとりに使っている時間は業務時間の54%――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...