ERPを含む“1000個ものシステム群”をなぜ保険会社は「AWS」で動かすのか?保険会社のクラウド移行【前編】

スイスの保険会社Zurich Insurance Groupが、同社のオンプレミスシステムをAWSのクラウドサービスに移行させる。多様なシステム群をクラウドサービスに移行させる目的とは。

2023年04月04日 05時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 スイスの保険会社Zurich Insurance Groupは2025年までに、オンプレミスシステムを全面的にAmazon Web Services(AWS)のクラウドサービス群に移行させる。AWSが2023年1月に発表した。移行対象になるZurich Insurance Groupのオンプレミスシステムは、SAPのERP(統合基幹業務システム)を含めて約1000個になる。

大手保険会社は膨大なデータをクラウドに集約

 Zurich Insurance GroupがAWSのクラウドサービスを使う狙いは、システムの簡素化や最新化、自動化などだ。それと同時にアジャイル(俊敏)なアプリケーション開発を強化し、顧客に対するより良いデジタルサービスの提供を目指す。

 AWSのクラウドサービスを利用することで、Zurich Insurance GroupはSAPのERPに関連するデータをまとめて収容するリポジトリ(保管場所)を作成する。そのリポジトリを使うことで、AWSが提供するデータ分析や機械学習といったサービスでデータを活用できるようになる。

 Zurich Insurance Groupは、顧客向けアプリケーションの開発と市場投入を迅速化することを重視している。そのために利用するAWSのサービスは、リレーショナルデータベースサービスの「Amazon Relational Database Service」(Amazon RDS)や「Amazon Aurora」、コンテナアプリケーションサービスの「AWS App Runner」などだ。クラウドサービスへの移行で、Zurich Insurance Groupは年間約3000万ドルのコストを削減できると見込む。


 後編は、Zurich Insurance GroupがAWSのクラウドサービス群を選択した背景を探る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。