保険会社のクラウド移行法「2段変速IT」「CMP」「クラウドバースト」の極意クラウド投資に動く保険会社【第4回】

シンガポールの生命損害保険会社Great Easternは、DX実現に向けてアプリケーションのクラウド移行に取り組む。移行とその後の運用を成功させるために同社が採用した手法やツールを紹介する。

2022年12月22日 05時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む、シンガポールの生命損害保険会社Great Eastern Holdings(以下、Great Eastern)。同社はクラウドインフラへの移行やアプリケーション開発を積極的に進めている。同社が取り入れた手法やツールを紹介する。

クラウド移行を支える「2段変速IT」「CMP」「クラウドバースト」

2段変速IT

 Great EasternでITグループのマネージングディレクターを務めるゲイリー・テー氏がDXで重視したのが、「Two-Speed IT」(2段変速IT)のコンセプトだ。これは、1つのチームがアジャイル開発を実施しプロジェクトを迅速に進める一方で、もう一つのチームは既存アプリケーションの安定稼働に努め、ビジネスに支障が出ないようにするやり方だ。

クラウド管理プラットフォーム(CMP)

 クラウドインフラへの移行に伴い、部門共通の運用モデルを取り入れる必要性が高まる。この運用モデルにはIT部門だけでなく、他の部門も含まれる。例えば、クラウドインフラ関連の支出の内訳を把握したい財務部門だ。

 Great Easternはクラウド管理プラットフォーム(CMP)を導入している。このCMPは、異なるアプリケーションを管理するために必要なツール一式をまとめたもので、クラウドコストのガバナンス向上に役立つ。従業員はCMPを使用してプロジェクトごとに必要なリソースを選ぶことができ、コストはプロジェクトごとに請求される。「透明性を確保し、財務部門は各プロジェクトにかかっている金額を正確に把握できるようになった」とテー氏は説明する。

クラウドバースト

 今後Great Easternはパブリッククラウドサービス、特に大手ハイパースケーラー(ハイパースケールデータセンターを運営するクラウドベンダー)が提供するVPC(仮想プライベートクラウド)サービスを利用する計画だ。狙いはVPCを利用して、より多くの計算能力を必要とするデータモデリングを実施する点にある。「クラウドバースト(通常はオンプレミスで稼働させているアプリケーションの処理を、需要に応じて一時的にパブリッククラウドに切り替えること)型のコンセプトをテストしているところだ」とテー氏は述べる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...