保険会社がクラウド移行で「MFA」や「CASB」「SAST」を使用 その訳は?クラウド投資に動く保険会社【第3回】

DXを推進するシンガポールの生命損害保険会社Great Easternは、クラウド移行やアプリケーション開発に積極的に取り組んでいる。その具体的な手法や、重視したポイントとは。

2022年12月15日 05時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組むシンガポールの生命損害保険会社Great Eastern Holdings(以下、Great Eastern)は、クラウドインフラへの移行やアプリケーション開発を進める。その具体的な手法や、重視したポイントについて紹介する。

保険会社のクラウド移行 「MFA」「CASB」「SAST」をなぜ重視?

 Great Easternがクラウドインフラへの移行に当たって重視するのは、アプリケーションの設計を変えずにそのまま移行させることではない。同社は100個以上ある既存のアプリケーションを、クラウドインフラに最適な設計に変更している最中だ。

 クラウドインフラへの移行計画にはGreat EasternのITグループのメンバー全員が参加し、各自が担当するアプリケーションのPaaS(Platform as a Service)化やコンテナ化に取り組む。ITグループのマネージングディレクターを務めるゲイリー・テー氏は、「コードのリファクタリング(プログラムの動作を変えずに内部構造を整理すること)に時間がかかるため、作業時間は長くなる見込みだ」と語る。

 DXを急速に進める中で、テー氏にとってサイバーセキュリティは常に重要な関心事だ。2018年初めに保険契約手続きのオンライン化を目的としたデジタルツールの運用を開始した際、Great Easternは以下のような分野に投資した。

  • 多要素認証(MFA)
  • VPN(仮想プライベートネットワーク)

 「この先見的な投資によって、Great Easternは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)時に従業員のテレワークを支援できた」とテー氏は話す。

 セキュア開発(開発当初から全体のセキュリティに留意する開発手法)もGreat Easternにとっての重要なテーマだ。同社が実践するDevOps(開発と運用の融合)にはセキュリティ対策が欠かせない。同社は以下のようなセキュリティツールや脆弱(ぜいじゃく)性検出ツールも導入している。

  • コンテナのセキュリティコントロール
  • クラウドサービスを一元的に管理するCASB(クラウドアクセスセキュリティブローカー)
  • SCA(ソフトウェアコンポジション解析)
  • SAST(静的アプリケーションセキュリティテスト)

 テー氏は、2022年中にチームがDevSecOps(開発、運用、セキュリティの融合)を実践できるようになることを期待している。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...