2021年03月27日 05時00分 公開
特集/連載

「Amazon Kinesis」「Amazon MSK」の違いは? AWSの2大ストリーム処理サービスロックインと引き換えの快適さか、オープンの自由度か

ストリーム処理のために、AWSは「Amazon Kinesis」と「Amazon Managed Streaming for Apache Kafka」(Amazon MSK)という2種類のサービスを用意している。両者の違いとは。

[Ernesto Marquez,TechTarget]

 継続的かつ大量に生じるデータを「ストリーム」と言う。ストリームを処理するアプリケーションは、データの量を問わず遅延を最小限に抑え、受け取るデータをリアルタイムに取り込んで処理する必要がある。

 Amazon Web Services(AWS)は、ストリームの取り込みと処理に利用できる「ストリーム処理サービス」を2種類用意している。「Amazon Kinesis」と「Amazon Managed Streaming for Apache Kafka」(Amazon MSK)がそれだ。どちらもストリームを処理するという基本機能は共通しているが、それぞれ異なる特徴がある。Amazon KinesisとAmazon MSKの主な類似点と相違点を確認する。

Amazon KinesisとAmazon MSKの違い

 Amazon Kinesisはリアルタイムでのストリームの取り込みと処理を目的とする。ストリームを生成するアプリケーション群である「プロデューサー」がAmazon Kinesisを介して、データを利用するアプリケーションである「コンシューマー」にデータを転送する。

 ストリーム分析サービス「Amazon Kinesis Data Analytics」や、AWSのデータストアにストリームをロードするサービス「Amazon Kinesis Data Firehose」などの機能別サービスで構成される。動画の処理と分析に特化する機能を備えた「Amazon Kinesis Video Streams」というサービスも含む。ユーザー企業はAmazon Kinesis Video Streamsと、「Amazon SageMaker」「Amazon Rekognition Video」などAWSの機械学習サービスを連携させることで、コンピュータビジョンを組み込んだアプリケーションを構築できる。

 一方のAmazon MSKは、オープンソースのメッセージキュー/ストリーム(連続的に発生し続けるデータ)処理ミドルウェア「Apache Kafka」のマネージドサービスだ。ユーザー企業はApache Kafkaを稼働させるインスタンス(仮想サーバ)の運用をAmazon MSKに任せることが可能だ。

 Amazon Kinesisはストリームを「シャード」という単位で管理する。各ストリームのデータ容量は、ユーザー企業がストリームに割り当てたシャードの数によって異なる。Amazon Kinesisはデフォルトで24時間のデータ保持期間を設定している。この期間は有償オプションの契約により最大7日まで延長できるようにしている。Amazon MSKのデータ保持期間は事実上無制限だ。

自社に適しているのはAmazon KinesisとAmazon MSKのどちらか

 クラウドインフラでストリームデータを実行するための分かりやすいサービスがAmazon Kinesisだ。AWSの仕組みと機能を使用するため、ベンダーロックインのリスクは高くなる。一方でAWSが提供する他のクラウドサービスとの連携によって、開発とメンテナンスにかかる時間を大幅に短縮できる。Amazon Kinesis Data AnalyticsやAmazon Kinesis Data Firehose、Amazon Kinesis Video Streamsなどの機能別サービスが充実しているため、アプリケーション開発に生かしやすい。

 Amazon MSKはデータのプロデューサーとコンシューマーが既にApache Kafkaのライブラリを使用しており、ソースコードの更新を最小限に抑えてクラウドサービスに移行する必要がある場合に適したサービスだ。Apache Kafkaはオープンソースのため、ベンダーロックインを避け、簡単にインフラを移行可能なストリーム処理システムを構築したい企業にも適している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。