2021年03月27日 05時00分 公開
特集/連載

“想定外”に動じない心の準備「コグニティブレディネス」 測定の必要性は?セキュリティに心理学を応用する【後編】

セキュリティにおける想定外の事態に対処できるようにする心の準備「コグニティブレディネス」。その習熟度測定に意味はあるのか。セキュリティ対策にもたらす影響とは。心理学者が解説する。

[Katie Donegan,TechTarget]

 中編「燃え尽き症候群のセキュリティ管理者を救う『コグニティブレディネス』への期待」に続く本稿は、変化する状況にうまく対処できる心の準備態勢「コグニティブレディネス」の習得度を測定する必要性やセキュリティ対策への応用の可能性を紹介する。コグニティブレディネスの重要性を主張する、セキュリティベンダーImmersive Labs顧問の心理学者、レベッカ・マッキオン氏のインタビューを基にした。

―― コグニティブレディネスが身に付いているかどうかの測定は必要でしょうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news169.jpg

「インターネット広告は目障り」が75.5%――リチカ調査
企業が広告を配信するときにはターゲットの興味関心に合わせつつ、「広告も情報メディア...

news052.jpg

コカ・コーラ vs. ペプシ マーケティング視点で振り返る「コーラ戦争」の歴史
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...

news010.jpg

世界最強パスポートランキング2022年版発表 日本の順位は?
今回は、ビザなしで入国できる国の数をランキングで紹介しましょう。