2021年03月26日 05時00分 公開
特集/連載

AWSのCloudEndure Disaster RecoveryとAzure Site Recoveryの用途、構造の違い「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【前編】

代表的なDRaaSであるAWSの「CloudEndure Disaster Recovery」とMicrosoftの「Azure Site Recovery」。両者は何が違うのか。用途とアーキテクチャの観点から比較する。

[Brien Posey,TechTarget]

 これまで災害対策(DR)に取り組んできた企業は大企業が中心だった。コストが高額で作業が複雑なことが主な理由だ。現在ではAmazon Web Services(AWS)やMicrosoftなどのクラウドベンダーが、DRに必要な機能をまとめたクラウドサービス「DRaaS」(Disaster Recovery as a Service)を提供し、企業がDRに取り組みやすくしている。

 DRaaSとしてAWSは「AWS CloudEndure Disaster Recovery」(AWS CloudEndure)を、Microsoftは「Microsoft Azure Site Recovery」(以下、Azure Site Recovery)を提供する。ユーザー企業はDRaaSを利用することで、自社の重要なサーバをクラウドサービスにレプリケート(複製)し、災害発生時にはクラウドサービスに用意したレプリカに切り替えるフェイルオーバーを実行できる。

 2019年1月、AWSはDRベンダーのCloudEndureを買収し、データレプリケーション技術を自社サービスに取り込んだ。これによりAWSのクラウドインフラを使ったDRが可能になった。Microsoftは2014年にDRaaS「Hyper-V Recovery Manager」の名称を「Azure Site Recovery」に変更した。本稿はAWS CloudEndureとAzure Site Recoveryそれぞれの用途とアーキテクチャを比較する。

用途の違い

 AWS CloudEndureはデータベースやアプリケーションの保護を目的としている。オープンソースの「MySQL」やOracleの「Oracle Database」、Microsoftの「SQL Server」といったリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)に加えて、SAPの統合業務(ERP)パッケージ「SAP S/4HANA」やMicrosoftのメールサーバ「Exchange Server」、Webアプリケーションサーバ「Internet Information Services」(ISS)などのアプリケーションの保護が可能だ。

 Azure Site Recoveryは、Exchange ServerやSQL Server、ドキュメント管理システム「SharePoint Server」、業務システム群「Microsoft Dynamics」などのMicrosoft製品向けにレプリケーション機能を提供する。サードパーティー製品とも連携でき、SAPやOracle、Red Hat、IBM製品が稼働するインフラの保護にも利用できる。

アーキテクチャの違い

 AWS CloudEndureはVM単位でデータベースやアプリケーションを保護する。AWS CloudEndureを利用するには、IT管理者は保護対象のVMにエージェントをインストールしなければならない。このエージェントはVMのOSやシステム状態、ファイル、データベース、アプリケーションをAWSのステージング領域に複製する。このステージング領域は、低コストのAWSのVMサービス「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)で構築したVMをベースとする。データの保存先はAWSのブロックストレージサービス「Amazon Elastic Block Store」(Amazon EBS)だ。

 Azure Site Recoveryは、Microsoftのハイパーバイザー「Hyper-V」で稼働するVMとAzureとの間のレプリケーションを実行するために「Azure Site Recovery Services Agent」というエージェントソフトウェアと「Azure Site Recovery Provider」というサーバソフトウェアを利用する。IT管理者はオンプレミスのHyper-Vホスト(Hyper-Vを稼働させるサーバ)にAzure Site Recovery Services AgentやAzure Site Recovery Providerをインストールする必要がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...