「レジリエンス」とは何か? なぜ必要か? 事業継続計画(BCP)を補完「レジリエンス」が必要な理由【前編】

ビジネスの継続性を維持するためには「レジリエンス」が重要だ。ベンダー各社が注目する理由とは何か。レジリエンスの市場動向を整理する。

2020年04月23日 05時00分 公開
[Erin SullivanTechTarget]

 企業にとって「レジリエンス」(障害発生時の回復力)とは何を意味するのだろうか。レジリエンスは非常に一般的な言葉だが、ここ数年でITベンダーが使う言葉の定義は狭まり、目的がはっきりしてきた。

 IT部門におけるレジリエンスとは、混乱が起きたときに企業がそれに対処し、従業員、データ、企業の評判を守りながら業務活動を継続できるようにすることを表す。この考え方は「事業継続性」と同じように見える可能性があるが、同じではない。むしろ補完的に考える必要がある。継続性を保てなければレジリエンスを実現する見込みもない。レジリエンスの目標には、ビジネスを稼働させ続けることだけではなく、混乱が終わった後に元の状態に戻ることも含まれる。

 なぜ今、レジリエンスが重要なのか。レジリエンスの市場はどのような状況なのだろうか。

レジリエンスが必要な理由

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...