2020年04月24日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナウイルス対策の在宅勤務でCitrixが技術より「人」を重視する理由Citrixのテレワーク事例【後編】

Citrix Systemsは新型コロナウイルス感染症の対策として中国全土の従業員をテレワーク体制に移行させた。同社は2カ月以上にわたる経験から、問題解決には「技術よりも人が重要だ」と考えている。それはなぜか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 中国では2020年1月ごろから新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の爆発的感染が発生した。この状況を受け、あらゆる企業は「(在宅勤務などの)テレワークはぜいたく品でなく必需品だ」ということを思い知らされることになった。

 仮想化ベンダーのCitrix Systems(以下、Citrix)は、中国の南京と日本の東京に約100人の技術サポートスタッフを抱えている。同社ワールドワイド技術サポート部門のディレクターを務めるジェームス・シン氏は、新年の休暇で中国全土に散らばっていた従業員に連絡を取り、状況を確認し、テレワーク計画を実行に移していった。

 前編「中国全土の従業員をテレワークに移行させたCitrix、実現のために何をしたのか?」に続く後編となる本稿は、シン氏がテレワーク戦略を導入する中でどのような課題に直面し、どのように克服したのかを詳しく紹介する。同氏が重視した方法の一つは、技術ではなく人に重点を置いたことだという。

―― テレワークに必要なインターネットを全員が利用できるわけではないという話でしたが、そうした課題や、その他の技術に関する課題にはどのように対処しましたか。

シン氏 インターネットを利用できない従業員には、少なくとも今いる省の他の場所に移り住むことができるかどうかを尋ね、その従業員がインターネットを利用できる場所にたどり着けたかどうかを確認した。それで少し楽になった。

 分かったことがもう一つある。当社のエンジニアやマネジャーは全員、社内でデュアルディスプレイを使っていた。そうした環境を自宅にまだ用意していない従業員が一部存在していた。そこでIT部門と連携して、デュアルディスプレイを用意していない従業員には、オフィスから追加のディスプレイを発送すると伝えた。この連絡は難しくなかったが、物流の問題があった。当時は郵送に制限が設けられていた。こうした普段なら考えられないようなことが起きるのだ。

在宅勤務では「人」に目を向けることが重要

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...