2019年02月26日 05時00分 公開
特集/連載

リモートワークなどの柔軟な働き方を認めれば採用への応募が増加する?LinkedInとIndeedの調査から見えること

ある調査結果によると、働く場所や時間を従業員自身が自由に決められるような柔軟な業務ポリシーがある企業ほど、求職者の支持を集める可能性がある。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

人事


画像

 LinkedInの最近のレポートによると、柔軟な業務ポリシーは、人材採用を成功させる上で重要だという。

 ビジネス向けSNSとして知られるLinkedInは、世界5000人以上の人事担当者を対象に、職場の主要な動向を探る調査「Global Talent Trends 2019」を実施した。その結果をまとめたレポートを2019年1月に発表し、その中で人事と採用の最も重要なトレンドとして「優れたソフトスキルを持つ人材の採用」を挙げ、これに次ぐトレンドが「柔軟な業務ポリシーの実施」(従業員が働く場所や時間を自由に選択できること)だと指摘している。これらのトレンドについて、それぞれ回答者の91%、72%が「今後の人事や採用において非常に重要」と答えているという。

 さらにLinkedInはレポートで、企業はコラボレーションの強化を目指し、「Slack」「Microsoft Teams」のようなメッセージングプラットフォームや、「GoToMeeting」「Cisco WebEx」「Skype」のようなビデオ会議プラットフォームを利用していると指摘している。

求職者の支持を集める柔軟な業務ポリシー

 LinkedInが調べたところ、柔軟な業務ポリシーに言及する求人広告数は2016年以来、2倍近くに増えている。Global Talent Trends 2019の調査結果によると、求職者の約3分の1が柔軟な業務ポリシーについて、就職先を考える上で最重視はしないものの「非常に重要」と答えているという。

 同調査では、女性の方が男性よりも柔軟な業務ポリシーを重視していることも分かった。就職先を考える上で、柔軟な業務ポリシーは「非常に重要」と答えた女性が36%だったのに対し、男性は29%だった。そしてリモートワークは、採用可能な企業からあまねく支持されているわけではないようだ。IBMは一部の従業員を対象に、リモートワークポリシーを大幅に見直した。

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...