2020年04月23日 05時00分 公開
特集/連載

パンデミック時のテレワーク急増で確認すべきネットワーク10大チェックリストパンデミックに対するネットワークの備え【後編】

テレワークを実施する従業員が増えるパンデミック時には、通常時とは異なるネットワークの問題が浮上する。ネットワーク担当者は具体的にどのような問題に対処すべきなのか。

[Paul Kirvan,TechTarget]

関連キーワード

VPN | ネットワーク


 ビジネスを継続させる上でテレワークと、それを実現する安全なリモートアクセスは重要だ。ただしテクノロジーの観点では、パンデミック(感染症の世界的な流行)や大規模な災害がネットワークにもたらすリスクは決して小さくない。

 VPN(仮想プライベートネットワーク)のテクノロジーは進化し、インターネットの通信速度は高速になり、ネットワークの通信路容量(帯域幅)の選択肢は広がり、テレワークに必要なネットワークインフラを用意することは難しいことではなくなった。ただし非常時に備えたリモートアクセスの環境を整える際は、複数の要素を評価しなければならない。

安全かつ十分なネットワークリソースの用意

 テレワークを実施する従業員が急増する可能性があるパンデミックでは、組織の規模によって数十人、数百人、数千人といった規模で従業員のリモートアクセスの環境を整える必要がある。そのために安全かつ十分なネットワークの帯域幅が必要になる。

 リモートアクセスを実施するエンドユーザーの増加に対処するには、迅速にライセンスやサポート体制を用意する必要がある。だが、これらを必要になった時にすぐに用意するのは簡単ではない。いずれも用意に時間がかかり、緊急時であればネットワーク運用チームの時間が足りなくなる恐れがある。

 必要なリソースが不足したままテレワークを実施すれば、多くの従業員がネットワークの遅さ、アプリケーションの応答時間の長さといった性能の劣化を経験する恐れがある。結果として生産性は下がってしまい、事業運営に影響を及ぼす可能性もある。

テレワーク用のネットワーク構築時のチェックリスト

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...