2020年04月22日 05時00分 公開
特集/連載

普通のチャットbotと「AIチャットbot」の違いとは?チャットbotと開発ツールの進化【前編】

「チャットbot」は長い間、事前に準備した回答を出力するだけのプログラムだった。AI技術を組み込むことにより、用途が急速に多様化している。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

 人と対話するプログラム「チャットbot」に関連する技術は進化を続けている。テキストベースで会話をする最初のチャットbotは、1966年にマサチューセッツ工科大学(MIT:Massachusetts Institute of Technology)の研究プロジェクトとして、ジョセフ・ワイゼンバウム氏が開発した「ELIZA」だと言われている。ELIZAは人と本当に会話ができるシステムの実践的かつ本格的な研究というよりも、むしろ“おもちゃ”の概念に近かった。

 ELIZAの登場以来、人と自然言語でやりとりできるテキストや音声ベースのシステムは、広く利用されるようになってきた。ニュースサイトのBusiness Insiderによると、チャットbot市場は2019年には26億ドル規模に成長している。開発者が人工知能(AI)技術を取り入れるとともにチャットbotは進化を遂げ、使い勝手が向上し、機能も高度化している。

これまでの一般的なチャットbot

 チャットbotは、人とテキストまたは音声で会話ができる。エンドユーザーがタイピングやスワイプ、クリックよりも、音声でのやりとりを好むときにもよく使われる。その中には車の運転中といった、物理的な入力が不可能な状況が含まれる。

 ELIZA以来、多くのチャットbotが作られてきた。初歩的なチャットbotは、エンドユーザーが発した言葉の中からキーワードを検出し、用意された内容を応答する。これらのシステムは大抵の場合、あまりインテリジェントではない。インテリジェントなチャットbotは「事前に定義された文を使って答える」以上のことをするからだ。

「AI」で賢くなるチャットbot

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。

news134.jpg

NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新...