2020年04月22日 05時00分 公開
特集/連載

「マルチクラウド」運用に失敗しないための3つのステッププロセスと人員配置の改善

複数のクラウドで構成する「マルチクラウド」の運用には特有の課題が存在する。それに対処するために、IT部門はどのようなプロセスを踏めばよいのか。主要な3ステップを紹介する。

[John Burke,TechTarget]

 企業ITの運用にはさまざま課題がある。その一つが、問題発生時のダウンタイムの最小化だ。これは複数のクラウドが共存する「マルチクラウド」ではより困難になる。プロセスと人員配置を整理してマルチクラウド運用を円滑にするための3ステップを示す。

1.システムの配置プロセスを設計する

 マルチクラウドでは、それぞれのクラウドに配置するシステムを決定するプロセスが重要だ。IT部門はシステムの新規導入あるいは更新時に、正式な配置プロセスを設計し、実行しなければならない。データ漏えいのリスク、運用方法に関するリスク、コスト、システム同士の親和性、アーキテクチャとの適合性、これらの要因の相互作用を評価する必要がある。

 設計したプロセスを具体化するツールも活用するとよい。例えばビジネスの目標を定量的な評価に落とし込んだ「バランススコアカード」(BSC)をまとめた表、意思決定プロセスの分岐を樹状図にした「決定木」を定義するアプリケーションなどがある。これによりIT部門と事業部門がシステム配置に関する疑問を解決し、一貫性のある効率的な意思決定ができるようになる。

2.システムを実際に稼働させる

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...