マルチクラウド導入 王道の戦略3選近道はないが、手間は減らせる

マルチクラウド環境の導入を容易かつ効果的に管理する戦略が3つある。王道ではあるが、近年さまざまな製品、サービスの登場でその手間は著しく減っている。

2018年06月27日 05時00分 公開
[Sander van VugtTechTarget]

関連キーワード

Docker | VMware | Amazon S3 | クラウド運用管理


画像 マルチクラウドの鍵は「管理」?

 ワークフローやストレージのニーズが企業内の複数の部門で異なる場合、マルチクラウドを導入するとうまくいくことがある。だが、マルチクラウドを採用すると、クラウド間でのワークロードの移行やリソースへのアクセスなど、幾つか課題が浮かび上がる。

 まず直面する可能性が高いのは、クラウド間でのワークロードの移行に関する問題だ。クラウド間でワークロードを移行するには、各クラウドのインタフェースに互換性を持たせなければならない。REST(REpresentational State Transfer)などの標準仕様を採用するクラウドが増えてはいるが、そうした標準に準拠するクラウドベンダーばかりではない。あるクラウドから別のクラウドへ特に意識せずに接続するためには、接続元と接続先のクラウドがAPIで対話可能でなければならないが、全てのクラウドがそうなっているわけではない。

 それぞれのクラウドベンダーが、独自の標準仕様とファイル形式を使用する。クラウドベースのVM(仮想マシン)について考えてみよう。VMのストレージに含まれるファイルにはさまざまな標準が存在する。Virtual Hard Disk(VHD)、qcow2、Virtual Machine Disk(VMDK)などだ。さまざまな標準が存在する結果、あるクラウドで利用しているクラウドストレージを、他のクラウドでは利用できないことがある。ストレージだけではなく例えばクラウドのインスタンスがディスクイメージファイルを使用する場合、ファイル形式に互換性がなければ、クラウド間でワークロードの移動もできない。

重要なのは相互運用性

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...

news093.jpg

先進ブランドは「AR」や「MR」をどう使っているのか(無料eBook)
リアルとバーチャルを融合した空間を創造する先端技術をマーケティング施策に取り入れる...