2019年06月27日 05時00分 公開
特集/連載

B2Cだけでない「チャットbot」の用途【後編】「AIチャットbot」がIT管理者の働き方を変える

AI技術を活用するチャットbotを使って、企業のIT管理者の仕事を効率化することができる。どのように役立てることができるのだろうか。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 前編「『チャットbot』が社員の仕事を楽しくする」では、チャットbotがもたらすメリットのうち、主に企業の従業員のユーザーエクスペリエンス(UX)向上に焦点を当てて紹介した。

 後編では、チャットbotがIT部門にもたらすメリットを中心に紹介する。

IT管理者を支援するチャットbot

 社内ユーザー向けでも社外ユーザー向けでも、チャットbotを導入すると、会社のヘルプデスクの仕事を大幅に軽減できる。例えば、以下のような仕事をチャットbotが代行できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...