2019年06月27日 05時00分 公開
特集/連載

B2Cだけでない「チャットbot」の用途【後編】「AIチャットbot」がIT管理者の働き方を変える

AI技術を活用するチャットbotを使って、企業のIT管理者の仕事を効率化することができる。どのように役立てることができるのだろうか。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 前編「『チャットbot』が社員の仕事を楽しくする」では、チャットbotがもたらすメリットのうち、主に企業の従業員のユーザーエクスペリエンス(UX)向上に焦点を当てて紹介した。

 後編では、チャットbotがIT部門にもたらすメリットを中心に紹介する。

IT管理者を支援するチャットbot

 社内ユーザー向けでも社外ユーザー向けでも、チャットbotを導入すると、会社のヘルプデスクの仕事を大幅に軽減できる。例えば、以下のような仕事をチャットbotが代行できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...