2019年03月29日 05時00分 公開
特集/連載

人間、チャットbot、協働ロボットが共存する労働環境に必要な管理スキルとは目に見える自動化と、目には見えない自動化の違い

チャットbot、協働ロボット、人工知能(AI)が仕事に及ぼす影響、そしてデジタルな労働力が人間の職場に混在する環境には新たな管理スキルが求められる理由について、エキスパートに話を聞いた。

[Mary K. Pratt,TechTarget]
画像

 多くの労働者が自動化によって仕事を奪われないかと恐れていることをさまざまな調査が示している。だが、自動化やロボットテクノロジーが用いられるのは全ての職務ではなく、特定の仕事に限られることも同じく調査で示されている。

 世界経済フォーラム(World Economic Forum)が2018年に公開したレポート「The Future of Jobs Report 2018」(2018年版仕事の将来についての報告書)には、次のように記載されている。「現在の職務の3分の2近くは、その仕事の30%を現状利用可能なテクノロジーに基づいて自動化できる。だが、仕事の70%以上を自動化できる職務は、現存する職務のほんの4分の1にすぎない」

 同レポートでは、このような調査結果を基に、企業も個人も「人間の労働者、ロボット、アルゴリズムの間での労働力の分担に関する新たな平衡点」を見つける必要があると結んでいる。

 自動化される職場はどのような役割を果たすのだろう。自動化、人工知能(AI)、botなどのテクノロジーが、今後、人間の労働者と自動化される職場にどのように影響を及ぼすかについて、IBMでオートメーション部門のグローバルバイスプレジデント兼統括マネジャーを務めるジン・チャオ氏に話を聞いた。チャオ氏の話は、「目に見える自動化」と「目には見えない自動化」を区別することから始まった。

――「目に見える自動化」と「目には見えない自動化」とは、何を意味するのでしょうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。