2014年12月25日 08時00分 公開
特集/連載

“意識の高い”コラボツールに疲れた社員が「Dropbox」を再評価する理由シンプルなソフトが結局は求められる?

最新のコラボレーションソフトウェアでは、ドキュメントを共有する以外にさまざまなことが行えるが、企業は基本的な機能しか求めていないのかもしれない。

[Lauren Horwitz,TechTarget]

 今日のコラボレーション(共同作業)は、自分の席を立って、同僚の席に行って話をするという単純なものではなくなっている。以前と比較して、従業員は世界各国に分散している傾向がある。その結果、企業の情報は雑然とした状態で複雑になっている。

 人的な交流だけでは、作業を遂行することができない。そのため、従業員にはビジネスコラボレーションソフトウェアが必要だ。ビジネスコラボレーションソフトウェアがあれば、情報の一元管理、ドキュメントの共有、プロジェクトの管理、リアルタイムのコミュニケーションを共通の場所で安全に行うことができる。

求められるのは「シンプル」であること

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。