2014年12月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

シンプルなソフトが結局は求められる?“意識の高い”コラボツールに疲れた社員が「Dropbox」を再評価する理由

最新のコラボレーションソフトウェアでは、ドキュメントを共有する以外にさまざまなことが行えるが、企業は基本的な機能しか求めていないのかもしれない。

[Lauren Horwitz,TechTarget]
tt_yo_1225_collaboration.jpg

 今日のコラボレーション(共同作業)は、自分の席を立って、同僚の席に行って話をするという単純なものではなくなっている。以前と比較して、従業員は世界各国に分散している傾向がある。その結果、企業の情報は雑然とした状態で複雑になっている。

 人的な交流だけでは、作業を遂行することができない。そのため、従業員にはビジネスコラボレーションソフトウェアが必要だ。ビジネスコラボレーションソフトウェアがあれば、情報の一元管理、ドキュメントの共有、プロジェクトの管理、リアルタイムのコミュニケーションを共通の場所で安全に行うことができる。

求められるのは「シンプル」であること

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。