2014年12月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

シンプルなソフトが結局は求められる?“意識の高い”コラボツールに疲れた社員が「Dropbox」を再評価する理由

最新のコラボレーションソフトウェアでは、ドキュメントを共有する以外にさまざまなことが行えるが、企業は基本的な機能しか求めていないのかもしれない。

[Lauren Horwitz,TechTarget]
tt_yo_1225_collaboration.jpg

 今日のコラボレーション(共同作業)は、自分の席を立って、同僚の席に行って話をするという単純なものではなくなっている。以前と比較して、従業員は世界各国に分散している傾向がある。その結果、企業の情報は雑然とした状態で複雑になっている。

 人的な交流だけでは、作業を遂行することができない。そのため、従業員にはビジネスコラボレーションソフトウェアが必要だ。ビジネスコラボレーションソフトウェアがあれば、情報の一元管理、ドキュメントの共有、プロジェクトの管理、リアルタイムのコミュニケーションを共通の場所で安全に行うことができる。

求められるのは「シンプル」であること

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...