2014年11月14日 12時00分 公開
特集/連載

Microsoft Officeのクラウド保存にDropboxという選択肢、OneDriveとの違いは?企業ユーザーにとっては不安要素か

「Microsoft Office」アプリケーションが「Dropbox」と連係する。これによりモバイルで利用するOfficeの利便性が高まるが、コンシューマー向けプラットフォームであるDropboxとの連係に不安を感じるIT部門もある。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 米Microsoftと米Dropboxの提携はアプリケーション間の柔軟な連係というメリットをユーザーに与えてくれるものの、セキュリティ意識の高いIT部門の中には今回の動きを歓迎しない向きもあるようだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...