2014年03月26日 08時00分 公開
特集/連載

企業向けオンラインストレージサービス7選(海外ベンダー編)社内外でのファイル共有・同期を安全に(1/7 ページ)

オンラインストレージサービスを業務で利用するニーズが高まっている。だが、個人向けサービスではIT部門が管理できないなどセキュリティ面での不安が多い。そこで、企業利用を想定したサービス7選を紹介する。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

オンラインストレージサービス一覧表のダウンロード


 ビジネスでの「オンラインストレージサービス」の利用が本格化しつつある。単にクラウド上にファイルやフォルダを保存するだけでなく、ローカル端末との同期や、他社とのファイル共有、ドキュメントの共同編集など、さまざまな用途で使うことができる。また、BCP(事業継続計画)やモバイルワーク、ビジネスにおけるモバイルデバイス活用の広まりによって、場所や端末を選ばずに利用できる便利さから、より注目されるようになった。

 オンラインストレージサービスの成り立ちをたどると、ストレージ容量を限定して無償で提供するコンシューマー向けサービスからスタートしたものが多いようだ。だが、業務で使用するとなると、容量不足といった問題だけでなく、データ流出やデータ消失といったリスクも無視できない。IT部門にとっては、統制が取れないサービスを勝手に利用されることは不安要素でしかない。企業向けオンラインストレージサービスでは、そうした課題に対処した機能が付与されているものが多いといえる。本稿は、企業向けオンラインストレージサービスの中から主要サービス7点を紹介する。なお、今回は海外ベンダーによるサービスに絞ることとする。また、誌面の都合上、本稿で取り上げる機能や価格体系はサービスの一部の情報にとどまる。詳細および最新情報は、ベンダーのWebサイトなどでご確認いただきたい。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。

news021.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news027.jpg

売り上げ1億ドル超えのメガヒットアプリ、2021年は233本 うち4分の3がゲーム
年間売り上げが100億ドルを超えるアプリが続出、世界の消費者から財布の中身と生活時間を...