2012年12月18日 08時00分 公開
特集/連載

IT管理者にとって悪夢になり得るDropboxのSaaSアプリ連携利便性と引き換えに、情報漏えいリスクが増大

Dropboxをはじめ、ますます利便性を増すコンシューマー向けのクラウドストレージサービス。だが、業務データを確実に管理しなければならない企業のIT担当者にとって、これらは頭の痛い存在だ。

[James Furbush,TechTarget]

Dropboxの新しいAPIで、企業のデータ管理はさらに難しくなる

 Dropboxは2012年11月、他のSaaSアプリケーションからDropboxに保存してあるデータへのアクセスを可能にするAPI「Chooser」を公開した。同社はその使用例として、クラウドベースのタスク管理アプリケーション「Asana」との連携をアピール。ユーザーはAsanaのメール機能を使う際、自分のDropboxアカウントにあるファイルをワンクリックで添付できるようになるという。

 こうしたクラウドストレージのアプリケーション連携機能はIT管理部門にとっては頭痛の種だ。調査会社の米Enterprise Strategy Group クリスティン・カオ氏は、「クラウドストレージやファイル共有サービスが他のアプリケーションと連携すれば、IT管理部門は自社のデータをますます守りにくくなる。これはIT管理者にとって悪夢になり得る」と話す。

 Chooserは、クラウドストレージを提供しているBoxの「Box OneCloud」に似ている。Box OneCloudは、クラウドストレージに保存されたコンテンツに、他のアプリケーションからアクセス、編集できるようにするAPIセットだ。他の大手ベンダーもこの方向に進んでいる。例えばGoogleは、クラウドストレージの「Google Drive」と、Officeスイートの「Google Docs」、さらに2012年11月末にはGmailを連携させた。

 カオ氏によると、「クラウドサービスベンダーがこのようなAPIを提供する狙いは、Webアプリケーション用ファイルシステムとして、ナンバーワンの地位を確立することだ」という。

Dropboxを業務で使うためには、各種管理機能が必要

 米国の公益事業会社でIT管理者を務めるマット・コシュト氏は、「ユーザーがDropboxを使いたがる理由はそのシンプルさにあるが、IT担当者がDropboxを嫌う理由の1つも、必要な管理機能を備えていないシンプルさにある」とコメントする。

 特にセキュリティやダウンタイムの問題が大きいという。こうした懸念を解消するためにも、「暗号化キーの管理機能や、退職時に社員のデータを回収する機能の搭載、企業ディレクトリとの統合強化、何らかのポリシー適用メカニズムの追加などにDropboxが対応することを望む」という。

 ソフトウェアセキュリティ企業の米CigitalでIT担当ディレクターを勤めるロシャン・ポパル氏は、「従業員がDropboxなどのコンシューマー向けサービスを業務で使わないようにするためには、それに代わる企業向けサービスを会社が提供する必要がある」と話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...