2011年11月16日 09時00分 公開
特集/連載

企業における効果的な「クラウドストレージ」利用方法ストレージ最新動向解説【第2回】

クラウド技術を利用したさまざまなサービスが登場する中、ストレージ分野におけるクラウドサービスの効果的な利用方法が明らかになってきた。

[菊地宏臣,SNIA日本支部]

クラウドサービスの1つ「クラウドストレージ」

 最近、「クラウドコンピューティング」(以下、クラウド)という言葉を見たり聞いたりしない日はないだろう。しかし、その言葉が何を意味するのかについて、これまではその定義がまちまちだった。現在は、NIST(米国立標準技術研究所)の定義が定着してきた。NISTのクラウドの定義では、5つの特性、4つの導入モデル、3つのサービスモデルを挙げている(関連記事:エンタープライズクラウドを構成する4つの利用モデル)。

5つの特性

  1. オンデマンドベースのセルフサービス
  2. 広域なネットワークアクセス
  3. ロケーションに依存しないリソースプール
  4. 迅速な拡張性
  5. 測定可能なサービス

4つの導入モデル

  1. パブリッククラウド(Public Cloud)
  2. プライベートクラウド(Private Cloud)
  3. コミュニティークラウド(Community Cloud)
  4. ハイブリッドクラウド(Hybrid Cloud)

3つのサービスモデル

  1. SaaS(Software as a Service)
  2. PaaS(Platform as a Service)
  3. IaaS(Infrastructure as a Service)

 SaaSの代表例としては、電子メールやSFA(Sales Force Automation)CRMなどを思い浮かべる方が多いだろう。またPaaSやIaaSは開発環境やWebサービスプラットフォームとして使用されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...