2012年05月17日 09時00分 公開
特集/連載

値下げされるクラウドストレージ料金に潜む「隠れコスト」トランザクションごとの課金体系の違いに注意

基本料金の値下げが進むクラウドストレージ。しかし、トランザクションの追加料金が原因で、実際には運用コストが増えてしまった企業もいる。実装後もその料金には目を光らせておくことが重要だ。

[Rachel Kossman,TechTarget]

 クラウドストレージの利用料金が日に日に安くなっているように感じていないだろうか。実際、Amazon.comGoogleMicrosoftがそれぞれクラウドストレージ料金の値下げを発表し、1Gバイト当たりの基本の月額料金を平均1〜2セント引き下げている。ユーザーにとっては、最大15%のコスト削減につながる。ただしこうした値下げの一方で、クラウドストレージにはトランザクションの回数に応じて支払う追加料金があることを理解しておくことも重要だ。

 米医療機器メーカー「MedPlast」は1年前に初めてクラウドストレージソリューションに切り替え、米StorSimpleのストレージアプライアンス「StorSimple 5010」を使って、Amazonの「Amazon Simple Storage Service(S3)」にデータを移すことにした。MedPlastのITディレクターを務めるダン・ストロイフェルト氏は、その後しばらくして、Amazonに支払う料金が突然増えたことに気付いたという。

 「S3のストレージ自体よりも、トランザクションに3〜5倍ほど大きな額を支払っていることが分かった」と同氏。

 同氏はその後すぐに原因を突き止めた。わずか1カ月の間に、StorSimpleアプライアンスがAmazon S3に対し「PUT」「COPY」「POST」「LIST」のリクエストを計3200万回あまり実行していたのだ。トランザクションの料金は「GET」については1万回当たり1セントだが、PUT、COPY、POST、LISTについては1000回当たり1セントと、10倍になっている。こうした料金体系が原因で、MedPlastは1カ月に300ドル以上ものトランザクション料金を請求されることになったのだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...