40%がセキュリティを理由に見送り――パブリッククラウドのメリット/デメリットパブリッククラウドとプライベートクラウドの違い【後編】

コスト、セキュリティ、災害対策といった観点で、プライベートクラウドと比較したパブリッククラウドのメリット/デメリットを検証する。

2011年12月06日 09時00分 公開
[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 本稿は、パブリックおよびプライベートクラウドコンピューティングに関する連載の後編だ。前編「導入しても管理が難しい、プライベートクラウドの利点と制約」ではパブリッククラウドとプライベートクラウドの違いについて解説した。

 パブリッククラウドを検討すればプライベートクラウドの利点が見えてくるが、多くの場合、プライベートクラウドはコスト的に不利だ。しかし、パブリッククラウドの欠点には、企業にとってコスト削減を帳消しにしてしまうほど重大なものもある。ここではパブリッククラウドの利点と欠点を検証してみたい。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。