2014年05月16日 15時00分 公開
特集/連載

「競合はDropboxやBox」 クラウド対応を急ぐAlfrescoの戦略とはエグゼクティブインタビュー

ユーザーにおけるクラウド利用の急速な拡大で、従来オンプレミスでソフトウェアを提供してきたベンダーの戦略も転換が迫られている。コンテンツ管理製品ベンダーのAlfresco幹部にクラウドへの対応を聞いた。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 オンプレミスのソフトウェア製品で一時代を築いた大手ベンダーがクラウドへの対応に本格的に乗り出している。コンテンツ管理製品ベンダーの米Alfrescoもその1社だ。同社のワールドワイドセールス担当副社長ポール・セント・ジョン氏は「従来、当社の競合は米Documentum(現EMC)やカナダのOpenText、米IBMだった。今のライバルはクラウドストレージを提供する米Boxや米Dropboxだ」と話し、クラウドとモバイルへの対応を急ぐ考えを示した。

変わるユーザーの利用シーン

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...