2014年05月16日 15時00分 公開
特集/連載

「競合はDropboxやBox」 クラウド対応を急ぐAlfrescoの戦略とはエグゼクティブインタビュー

ユーザーにおけるクラウド利用の急速な拡大で、従来オンプレミスでソフトウェアを提供してきたベンダーの戦略も転換が迫られている。コンテンツ管理製品ベンダーのAlfresco幹部にクラウドへの対応を聞いた。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 オンプレミスのソフトウェア製品で一時代を築いた大手ベンダーがクラウドへの対応に本格的に乗り出している。コンテンツ管理製品ベンダーの米Alfrescoもその1社だ。同社のワールドワイドセールス担当副社長ポール・セント・ジョン氏は「従来、当社の競合は米Documentum(現EMC)やカナダのOpenText、米IBMだった。今のライバルはクラウドストレージを提供する米Boxや米Dropboxだ」と話し、クラウドとモバイルへの対応を急ぐ考えを示した。

変わるユーザーの利用シーン

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...