2013年11月21日 08時00分 公開
特集/連載

Dropboxの躍進が原因? ストレージ専門プロバイダーは風前のともしび破産企業も続出

Amazonなどの参入で活況を呈するクラウドストレージ市場。生き残りを懸けたストレージ専門プロバイダーが付加価値のあるサービスを提供することに奮闘している。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 米AmazonなどIaaS(Infrastructure as a Service)の大手プロバイダーは、クラウドストレージ専門プロバイダーの多くが対抗できないほどの低料金を打ち出して、クラウドストレージの市場をコモディティ化しつつある。変化を続ける市場で顧客をつなぎとめ自社の地位を維持するために、クラウドストレージ専門プロバイダーは事業のポートフォリオを拡大し、付加価値となるサービスを加える必要に迫られている。

 企業向けのクラウドストレージプロバイダー、米Nirvanixは先日破産手続きを開始して、顧客には同社クラウド上のデータを社内のデータセンターまたは他のプロバイダーのクラウドに移すように要請した。通知では、クラウドストレージのプロバイダーにはデータ容量以外にも提供しなければならないものがあることが強調されていた。クラウドサービスの専門性が高まりつつある現在では、ストレージはもはや、その中で提供される機能の1つにすぎない。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。