2021年07月16日 05時00分 公開
特集/連載

「リモート印刷ができない」を解消する「VPN設定変更」「IPアドレス接続」とは「リモート印刷」の6つのトラブルシューティング【中編】

リモート印刷が正常に機能しない場合は、順に問題を突き止めることが肝心だ。問題解決につながる可能性が高い2つの方法を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

VPN | Windows 10 | Mac | 在宅勤務


 前編「VPN経由の『リモート印刷』ができない原因を特定する方法」は、遠隔にあるプリンタ(リモートプリンタ)で印刷をする「リモート印刷」が失敗する場合のトラブルシューティングとして、以下の2点を紹介した。

  • 問題の範囲を絞り込む
  • VPN接続が正常に機能していることを確認する

 本稿は下記2つのトラブルシューティングを紹介する。

  • VPNクライアントによるプリンタへのリダイレクトをチェックする
  • プリンタのIPアドレスを使った接続を試す

3.VPNクライアントによるプリンタへのリダイレクトをチェックする

 VPN(仮想プライベートネットワーク)が適切に機能していることを確認したら、次のステップはエンドユーザーのVPNクライアントが正しく構成されているかどうかを確認することだ。通常なら、VPNクライアントはエンドユーザーの印刷ジョブをリモートプリンタにリダイレクトするだろう。だがVPNクライアントの設定に誤りがあると、印刷ジョブはリモートプリンタではなく、エンドユーザーのローカルプリンタに送信されてしまう可能性がある。

画面 画面1 使用するプリンタの設定が正しいことを確認する(画面は英語版)《クリックで拡大》

 IT管理者はこの問題をすぐに解決できない場合は、VPNクライアントのドキュメントを参照してプリンタ関連の項目を探す必要がある。通常は、VPNクライアントに該当する設定項目が用意されている。画面1(「Windows 10」のリモートデスクトップ機能)は、チェックボックスを使って、印刷ジョブをローカルプリンタまたはリモートプリンタに送信するように指定できることを示している。

4.プリンタのIPアドレスを使った接続を試す

 VPN接続が意図した通りに機能しており、エンドユーザーのVPNクライアントの設定が正しいことを確認したら、エンドユーザーにプリンタの名前ではなく、IPアドレスを使って接続してもらうとよい。このテクニックは、問題が「名前解決」に起因している場合に有効になる可能性がある。

 IPアドレスを使ってリモートプリンタに接続する設定方法はエンドユーザーのクライアント端末が「Mac」か「Windows」端末かによって異なる。Macの場合は「アップルメニュー」(通常は画面左上にある)を開き、「システム環境設定」「プリンタとスキャナ」の順にクリックすると、利用可能なプリンタが表示される。このウィンドウの下部にある追加ボタン「+」をクリックすると、プリンタを追加するためのウィンドウが開く。ここでプリンタのIPアドレスを入力し、「追加」をクリックすれば作業が完了する。

画面 画面2 TCP/IPアドレスによるプリンタの追加(Windowsの場合、画面は英語版)《クリックで拡大》

 Windows端末の場合は、スタートメニューから「設定」を開き、「デバイス」をクリックする。デバイスのウィンドウが開いたら、「プリンターとスキャナー」を選択し、追加ボタン「+」をクリックする。この操作の後に表示される「プリンターが一覧にない場合」をクリックすると、「プリンターの追加」というダイアログボックスが開く。ここで「TCP/IPアドレスまたはホスト名を使ってプリンターを追加する」を選択し、「次へ」をクリックする(画面2)。

 次のダイアログボックスでプリンタのIPアドレスを入力すると、さらに幾つかのダイアログを経てプリンタの追加作業が完了する。Windowsはこの作業中にプリンタを検出しようとするので、エンドユーザーはVPNに接続しておく必要がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。