2021年07月08日 05時00分 公開
特集/連載

VPN経由の「リモート印刷」ができない原因を特定する方法「リモート印刷」の6つのトラブルシューティング【前編】

VPNを介したリモート印刷が正常に機能しないことがある。この場合、トラブルシューティングのためにどのような点を確認すればいいのだろうか。最初に確認すべき2つのポイントを紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

VPN | Windows 10 | Mac | 在宅勤務


 テレワーク時に、遠隔にあるプリンタ(リモートプリンタ)で印刷をする「リモート印刷」の利用が広がっている。これに伴い、トラブルシューティングの難しい問題が発生することがある。

 リモート印刷の操作は難しくないが、その仕組みには複雑な問題が関係している。VPN(仮想プライベートネットワーク)を介してリモートプリンタに接続しようとする場合は、特に問題を引き起こしやすい。

 以下ではIT管理者のために、VPN経由のリモート印刷で問題を抱えたエンドユーザーをサポートするのに役立つ、6つのトラブルシューティング手順を紹介する。前編はまず下記2つの方法を紹介する。

  • 問題の範囲を絞り込む
  • VPN接続が正常に機能していることを確認する

1.問題の範囲を絞り込む

 エンドユーザーがリモート印刷をうまくできずに困っている場合、IT管理者がまずやるべきことは問題の範囲を絞り込むことだ。この際、試すべきことが2つある。

 まず問題のプリンタと同じ社内ネットワークにあるクライアント端末から印刷を試す。これによってプリンタ自体が稼働していて、ネットワーク印刷が機能しているかどうかを確認できる。VPNに問題があると初めから決めつけるのは禁物だ。問題が社内ネットワークに起因していて、VPNとは無関係であることも当然あり得る。

 VPNを利用しないクライアント端末から印刷できることを確認したら、次にすべきことはVPNに接続している別のエンドユーザーに印刷を試してもらうことだ。これにより、問題がVPNに関連しているのか、たまたまVPN経由で接続している特定のエンドユーザーの利用に問題があるのかを判断できる。

2.VPN接続が正常に機能していることを確認する

 問題がVPN経由でリモート印刷しようとしている特定のエンドユーザーにだけ起こっていると判断できたら、次のステップはVPNに関連する他の問題も起こっているのかどうかを調べることだ。これにより、問題がVPN経由のリモート印刷にのみ影響するものなのかどうかが分かる。

 簡単な方法は、問題のエンドユーザーに、VPN経由で社内ネットワークにあるプリンタとは無関係なリソースへのアクセスを試してもらうことだ。例えばファイルサーバにあるファイルへのアクセスを試してもらうとよい。エンドユーザーがそうしたリソースに問題なくアクセスできれば、社内ネットワークにアクセスするための認証には成功しており、VPNによるリモートアクセスには問題がないことを確認できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。