知られていないDropboxとBoxの進化、ビジネス向け機能を次々に投入「危険な個人向けサービス」払拭を狙う

米Boxと米Dropboxが、相次いで企業向け機能の強化を発表している。個人での利用から人気の高まるクラウドストレージサービスだが、企業での導入が今後の成長のカギを握る。

2013年12月13日 08時00分 公開
[Jake O'Donnell,TechTarget]

 米Boxと米Dropboxの両社は最近、企業向けクラウドストレージサービスの強化に乗り出している。この動きは、クラウドのファイル共有/ストレージ製品が安全性に欠ける個人向けプラットフォームだと考えるIT担当者の見方を変える可能性がある。

相次ぐクラウドストレージの企業向け機能強化

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...