2013年12月09日 08時00分 公開
特集/連載

個人向けクラウドストレージを仕事で使うと遭遇するこんな危険選ぶべきは“企業版Dropbox”

コンシューマー向けクラウドストレージの便利さを評価し、仕事で使うビジネスパーソンは少なくない。だがその便利さが、セキュリティを犠牲にした上で成り立っているとすれば、考え方を変える必要がある。

[Dan Sullivan,TechTarget]

 モバイル端末とコンシューマー向けクラウドストレージは、IT管理の眺望を大きく変えた。モバイル革命は、広範な企業データがパブリッククラウドや従業員所有の端末に分散する状況を生み出したのだ。IT部門はいま、データの拡散とそのダイナミズムに苦闘している。

 端末内のデータを組織がコントロールすることを前提とする伝統的なセキュリティポリシーや管理手順は、もはや適切な効力を発揮しない。こうしたコントロールは、オンプレミスのインフラ向けに設計されているからだ。クラウドへ移行したデータは、内部のアクセス制御ではもはや保護できなくなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...