BYOD、CYOD、COPE、COBOを比較する【第2回】
いまさら聞けない「BYOD」とは? 併せて知りたい「CYOD」とは? 両者の違いは
モバイルデバイスの配備方法として一般的になった「BYOD」と、1文字違いの「CYOD」。これらは何が違うのか。双方の基本的な意味を簡単に解説する。(2021/7/13)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【後編】
“次世代「SD-WAN」”に欠かせない「AI技術」「5G」「クラウド」との関係
SD-WAN製品はITのさまざまな変化を受けて変わってきた。今後はどのような機能強化があるのだろうか。4つのポイントを紹介する。(2021/6/24)

「Amazon VPC」と「Azure VNet」の違い【第1回】
「Amazon VPC」とは? AWSの仮想ネットワークサービス
Amazon Web Servicesが提供する仮想ネットワークサービスが「Amazon VPC」だ。その主要な機能と特徴を説明する。(2021/6/22)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【中編】
“次世代「SD-WAN」”の理解に欠かせない「SASE」「SD-Branch」とは?
ベンダーはSD-WAN製品の機能強化を継続的に進めているため、企業がSD-WAN製品に関して知っておくべき事柄も多様になっている。「SASE」や「SD-Branch」との関係を紹介する。(2021/6/17)

「SD-WAN」の基礎から活用例まで【第4回】
「5G」を「SD-WAN」で生かす方法とは? IoTデバイスのセキュリティにも注目
「IP-VPN」「インターネット回線」「LTE」「5G」など、企業が業務に利用できるWANは多様だ。将来的に普及が見込まれる5Gをはじめ、多様なネットワークをSD-WANで運用することでどのような利点があるのか。(2021/6/24)

AWSの「クラウドIAM」7選【中編】
AWSアカウントの一元管理に役立つ「AWS RAM」と「AWS Organizations」とは
AWSは複数のAWSアカウントを管理しやすくするために「AWS RAM」「AWS Organizations」を提供する。これらの特徴と用途を整理しよう。(2021/6/3)

Teamsのセキュリティ問題を脅かす4つの脅威【後編】
「Teams」を悪用する「社外ユーザーによる情報漏えい」を防ぐ方法とは?
ビジネスチャットツール「Microsoft Teams」を安全に利用するために、企業はどのような脅威に備えればよいのか。主要な脅威と対策を整理する。(2021/5/20)

クラウドの事故が多いのはなぜか
クラウドの設定ミス防止やワークロード保護に役立つ技術とは
新しい成長市場には新たなセキュリティリスクが生まれる。クラウドやコンテナといったデジタルインフラも例外ではない。セキュリティポリシーの適用に悩む企業は多い。その解となるのが「CSPM」「CWPP」、そして「DevSecOps」の実現だ。(2021/4/13)

「安全なWeb会議」の実現方法【前編】
“危ないWeb会議”を防ぐには「従業員研修」だけでは駄目なのか?
これまでの会議のセキュリティ対策は、会議室やデバイスといった物理的な要素を考慮しておけばよかった。Web会議のセキュリティを確保するには、それだけでは不十分だ。何をすればよいのか。(2021/3/25)

「クラウドファイル共有」7選【第3回】
クラウドファイル共有「Egnyte」「FileCloud」とは オンプレミスからの接続も
「クラウドファイル共有」は、異なる場所で作業をする人同士のコラボレーションを支援するためにさまざまな機能を搭載する。代表的なサービスである「Egnyte」「FileCloud」で何かできるのか、詳細に見てみよう。(2021/3/10)

クラウドニュースフラッシュ
蔦屋書店がWebサービスを「マイクロサービス化」して「AWS」に移した理由
「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで教育システムのフルクラウド化を進める鴻巣市教育委員会や、「Amazon Web Services」を導入した蔦屋書店の事例など、クラウドに関する主要なニュースを6本紹介する。(2021/2/27)

「テレワークセキュリティ」6つの対策【前編】
テレワーク安全策「認証」「ネットワーク可視化」「自宅用ゲートウェイ」とは?
テレワーク時のセキュリティ対策は、IT部門の筆頭の懸念へと急浮上した。テレワーカーにセキュリティ対策を徹底させるために取り組むべき6つの対策のうち、3つを取り上げる。(2021/2/16)

教育を揺るがすランサムウェア【後編】
学校は「ランサムウェア」で教育を止めないために何をすればよいのか?
オンライン教育を実施する学校を標的にしたランサムウェア攻撃は、2021年も続くことが予想されている。FBIやCISAなどの米国機関は、学校に対してどのような対策を実施すべきだと呼び掛けているのか。(2021/2/10)

VDC Research Groupの市場調査レポートから
新型コロナに挑む医療機関を支える「3つのIT」とは? 採用を阻む課題は?
新型コロナウイルス感染症との戦いの最前線に立つ医療機関にとって、医療の質と患者の安全を共に高めるのに有用なITとは何か。採用に当たって直面する課題とは何か。調査レポートの内容を基に紹介する。(2021/2/4)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDセキュリティ編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)のセキュリティ対策はどうする? マイクロソフトに聞く
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」のユーザー企業が取り得るセキュリティ対策とは何か。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。(2021/1/6)

「リモートアクセスVPN」のリスクと代替策【後編】
リモートアクセスVPNの代替策「Smart DNS」「Tor」「Lantern」とは?
リモートアクセス時のセキュリティを確保する手段として「リモートアクセスVPN」が広く使われているが、他にも手段はある。自社の要件に合ったリモートアクセスVPNやその代替策を検討するためのポイントを紹介する。(2020/12/15)

スマートフォン、ノートPC、プリンタを賢く選ぶ【前編】
「スマートフォン」を買ってから後悔しない選び方の鉄則
従業員が毎日使うスマートフォンの性能は生産性に直結する。時代の変化に伴い、従業員それぞれの働き方に適したスマートフォンの選定プロセスは複雑化しているものの、「不動の鉄則」はある。それは何か。(2020/12/10)

「リモートアクセスVPN」のリスクと代替策【前編】
「リモートアクセスVPN」選びは慎重に 個人データを売る悪徳サービスも
「リモートアクセスVPN」のセキュリティは完全ではなく、データやVPN接続中のアクティビティーを追跡される懸念がある。リモートアクセスVPNの選定や利用において警戒すべきポイントとは。(2020/12/9)

「何となく感じる不安」を放置しても大丈夫か
急ごしらえのテレワーク、長期化に伴うセキュリティリスクを数値化するには
新型コロナウイルス感染症対策の一環として急きょテレワーク環境を導入した企業は珍しくない。だが、これほど長期にわたって、大規模にテレワークが導入されることまでは想定していなかっただろう。そこにさまざまな課題が生じている。(2020/11/30)

在宅前提のセキュリティを考える【後編】
「クラウドデータ衛生」「SaaS衛生」とは? 在宅勤務時の公私混同をなくす
クラウドサービスを使って在宅勤務などのテレワークを安全に進めるために、企業は何をすればよいのか。それを考えるヒントが「クラウドデータ衛生」と「SaaS衛生」だ。それぞれの基本をまとめた。(2020/10/22)

「Microsoft Teams」を生かし切る8つの使い方【前編】
「Teams」を単なるWeb会議やチャットの手段だと考えていないか?
「Microsoft Teams」を単なるビジネスチャットツールやWeb会議ツールだとして活用していてはもったいない。Teamsはコラボレーションに役立つ豊富な機能を備えているからだ。(2020/9/27)

メールを守る主要技術【後編】
「メール暗号化」を無駄にしないための注意点
メールを安全にやりとりするためには「メール暗号化」の活用が不可欠だ。ただし利用方法によってはセキュリティ上のメリットを享受できない恐れがある。何に気を付ければよいのか。(2020/9/15)

テレワークに関する読者調査レポート
テレワーク本格化で見えた、テレワークを難しくする“真犯人”とは?
新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、企業の間で急速に広がったのがテレワークだ。企業はテレワークのためにどのようなIT製品を利用し、どのような課題に直面したのか。読者調査結果を基に紹介する。(2020/12/29)

「SASE」普及期へ【前編】
セキュリティとネットワークの新製品「SASE」を今すぐ導入したくなる理由
セキュリティとネットワークの運用を簡略化し得る新たな選択肢が、Gartnerの提唱した「SASE」だ。専門家は在宅勤務などのテレワークが企業の間に広がるとともに、SASEの採用も進むとみている。それはなぜか。(2020/8/5)

クラウドが変えるセキュリティ市場【後編】
「SASE」とは? クラウドの弊害にセキュリティとネットワークの合わせ技で対処
クラウドサービスの利用が活発化するとともに、クラウドサービスにまつわるさまざまな課題が顕在化してきている。その対策として新たに登場したのが「SASE」だ。SASEはどのような機能を備え、なぜ登場したのか。(2021/1/6)

クラウドが変えるセキュリティ市場【前編】
「SECaaS」はなぜ必要か? 従来型セキュリティ製品の“3大限界”を打破
クラウドサービスの普及が、セキュリティ製品の在り方も変えようとしている。その象徴的な存在が「SECaaS」(Security as a Service)だ。調査会社が国内市場の成長を見込むSECaaS。注目の背景を探る。(2020/8/17)

「SASE」とは何か【前編】
「SASE」とは? CASBやZTNAを包含したクラウド、IoT時代の新製品
Gartnerが新たに提唱するネットワークとセキュリティ運用の製品分野が「SASE」だ。SASEはなぜ必要であり、どのようなものなのか。(2020/7/8)

新型コロナが変える企業資産保護【後編】
在宅勤務中の社員に呼び掛けたいセキュリティ対策3つのポイント
企業ITの保護は、新型コロナウイルス感染症の対策としてテレワークが広まる中でますます重要になっている。セキュリティ対策を見直し、ERP(企業資産管理)をこの変化に順応させるためのポイントを紹介しよう。(2020/6/18)

一貫したセキュリティポリシーを手軽に適用
テレワーク環境や拠点ネットワークをSaaS型ファイアウォールで一元管理する方法
安定したクラウドサービスの利用やテレワーク環境の運用には、ネットワークが重要になる。だが通信容量の確保に加え、セキュリティ対策も施したネットワークの運用管理を従来手法で実現するには限界がある。どうすればよいのか。(2020/6/19)

新型コロナが変える企業資産保護【前編】
新型コロナ対策の在宅勤務で企業資産保護はどう変わるのか?
新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務などのテレワークが広がる中、企業資産保護の重要性はかつてないほど高まっている。それはなぜなのか。(2020/6/11)

Dropboxの脱クラウド以前と以後【後編】
Dropboxがオンプレミス回帰後も「AWS」を使い続ける理由
Dropboxは脱クラウド後も部分的にAWSの利用を続けている。独自のストレージシステムを構築したオンプレミスのデータセンターを含め、どのようにインフラを運用し、どのような方針で製品を導入しているのだろうか。(2020/7/1)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
Webサイト閲覧や社内システム接続の制御も容易に、テレワークに有効なMDM導入術
テレワーク/在宅勤務に欠かせないモバイルデバイスだが、その活用においては、安全性と利便性の両立が重要となる。そのカギとなる「モバイルデバイス管理(MDM)」のメリットや活用のヒントを、動画で分かりやすく解説する。(2020/5/21)

SASEで実現するセキュアアクセス
テレワーク導入時、オンプレミスやクラウドへの接続を安全に実現するには
さまざまな要因からテレワーク導入を検討する動きが広がっている。ただし、クラウドサービスを使うにしてもVPNやVDIを使うにしても、テレワークにはセキュリティや拡張性、運用性、コスト、遅延などさまざまな課題がある。(2020/5/27)

クラウドが浮き彫りにするリスク【後編】
クラウドユーザーのための“クラウド専用”のセキュリティ対策とは?
クラウドサービスのセキュリティ対策には、オンプレミスのシステムと共通しているものもあれば、クラウドサービスの利用を前提として生まれたものもある。それぞれどのような対策があるのか。専門家に聞いた。(2020/6/12)

新たな技術と新たな脅威【前編】
“何でもかんでも「IoT」化”が危険なこれだけの根拠
さまざまなデバイスをインターネットに接続して活用の幅を広げる「IoT」は、利便性の向上だけでなくセキュリティリスクの増加も招く恐れがある。どのような点に注意し、どう対処すべきか。(2020/4/27)

事例で学ぶインフラ運用工数削減術
運用効率化を求めるユーザー企業はなぜクラウドではなくオンプレミスを選んだか
ある企業が「サーバの運用管理の効率化」への答えとして選んだのがクラウドではなくオンプレミスだった。クラウド化が時代の潮流となる中で、なぜオンプレミスを選んだのか。(2020/4/24)

どのようなメリットがあるのか
5Gのセキュリティを強化する「ネットワークスライシング」とは何か?
5Gでは「ネットワークスライシング」という仕組みを活用できるようになる。これはどのような技術で、セキュリティにどのようなメリットをもたらすのか。(2020/4/14)

事業維持に不可欠
新型コロナウイルスにセキュリティ担当者が備えるための13か条
感染症対策への備えとしてセキュリティ担当者は何を実施すべきか。深刻な感染症流行が発生した場合でも、企業のセキュリティ体制を維持できるようにするためのヒントを紹介する。(2020/4/10)

各プロセスの連携は必須
いまさら聞けない「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」の違いとは?
「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」は何が違うのか。セキュリティ対策と予算計画の適切な意思決定をするために、これらの違いを理解しよう。(2020/4/9)

Gartnerのアナリストも“予想外”
Office 365ユーザーがG Suiteを併用する理由 なぜ似たサービスを使うのか?
セキュリティ企業Oktaの調査から、オフィススイートサービス「Office 365」と「G Suite」を併用する企業が相当数あることが分かった。似たようなサービスであるにもかかわらず、なぜ併用する必要があるのか。(2020/3/14)

「サイバーセキュリティ保険」を賢く契約する【後編】
「サイバーセキュリティ保険」の落とし穴と、契約時の8大チェック項目とは?
「サイバーセキュリティ保険」を選定、契約する際に確認すべきこととは何か。契約時に頭に入れておくべき“落とし穴”とは。簡潔に紹介する。(2020/2/28)

2020年のネットワークセキュリティ展望【後編】
簡単なはずの「ネットワークセキュリティ」が複雑になってしまう理由
2020年には引き続きランサムウェアやクラウドに関する脅威に警戒が必要だ。ただしネットワークセキュリティの強化には、トレンドに振り回されずに自社のニーズを評価することが大切になる。(2020/2/27)

「ファイアウォール」再入門【前編】
いまさら聞けない「ファイアウォール」とは? 役割をおさらい
セキュリティ強化に役立つ基本的かつ伝統的な手段が「ファイアウォール」だ。その役割をあらためて整理する。(2020/2/26)

2020年のネットワークセキュリティ展望【前編】
ネットワークセキュリティの「やるべきこと」と「今すぐやめるべきこと」
2020年のネットワークセキュリティの主なトレンドを考えると、ランサムウェアやクラウドに対する攻撃が挙げられる。こうした脅威から自社を守るためには、何を用意すべきだろうか。(2020/2/21)

保護対象や企業における役割
「ネットワークセキュリティ」「アプリケーションセキュリティ」の違いと共通点
「ネットワークセキュリティ」と「アプリケーションセキュリティ」は、それぞれどのような特徴があるのか。両者の違いを明確にし、自社のセキュリティ計画に必要な対策を理解しよう。(2020/2/14)

「コンテナエスケープ」の脅威と対策【後編】
コンテナ経由でホストを攻撃 「コンテナエスケープ」に備える3大ポイント
コンテナからホストシステムに抜け出す「コンテナエスケープ」を引き起こす脆弱性が、セキュリティ担当者にとって新たな問題となっている。コンテナエスケープによる被害を防ぐ方法を紹介しよう。(2020/2/7)

病院のBYODで想定すべきリスクと対策
「電子カルテを私物スマホで見たい」を安全にかなえる方法は?
医療機関は患者情報などの機密データを扱うため、セキュリティ対策とデータ保護は特に重要だ。医療機関で私物端末の業務利用(BYOD)が一般的になると状況は複雑になる。最低限どのような対策が必要か。(2020/1/14)

UEMのメリットと導入の注意点【前編】
多種多様なモバイルデバイスを使う職場に「UEM」が必要な理由
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品を導入すると、1つのツールで多数のデバイスを管理できる。経済性、生産性、ビジネス全体におけるUEM製品のメリットはどのようなものがあるのか。(2019/12/26)

「シャドーIT」をあぶり出す
「CASB」とは? クラウドセキュリティを強化する4つの役割
クラウドセキュリティの重要性が高まるにつれ、「CASB」(Cloud Access Security Broker)の勢いも増している。その主要な4つの役割を紹介する。(2019/12/24)

サイバー攻撃のリスクに対処する
「サイバーセキュリティ保険」の3大タイプとは? 選定に失敗しないポイント
サイバーセキュリティ保険は、適切に選択すればリスクの軽減に大きな効果が期待できる。どの保険プランが自社に適しているか見てみよう。(2019/12/11)