2014年12月20日 09時00分 公開
特集/連載

ずっと使いたい「クラウドストレージ」5選 無料でどこまでできる?ストレージ容量、写真の閲覧機能、利用料金などを比較

今や身近なツールとなったクラウドストレージ。場所を問わずアクセス可能で、家族や友人、同僚とファイルや画像を簡単に共有できるなど一度利用すると手放せなくなる。特に人気の高いサービス5種を比較してみた。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]
photo

 今では信じられないことだが、かつてはフロッピーディスクにコンピュータのデータファイルを保存していた。だが、現在はあらゆるファイルがクラウドに存在し、どのデバイスからでもアクセスできるようになっている。

 全てのクラウドプラットフォームが同じように構築されているわけではない。そのため、自分のニーズに最適なクラウドストレージサービスを選ぶことが大切だ。提供されるものはクラウドストレージサービスによって異なる。例えば、ストレージの容量、写真の閲覧機能、コラボレーションツールなどがある。本稿では、あなたの用途に最適なサービスを理解できるよう人気の高いクラウドストレージサービスを検証する。

Dropbox

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。