SSD採用のクラウドストレージが急増、利用前にここをチェックせよバイト当たりの価格面以外も重要

多くのクラウドストレージプロバイダーがSSDを採用し始めている。手ごろな価格でサービスを提供する事業者がいる一方で、サービスの利用前にユーザー側で忘れずに確認すべき項目がある。

2014年12月08日 15時00分 公開
[Greg Schulz,TechTarget]

 クラウドでSSD(ソリッドステートドライブ)を使用するとパフォーマンスは向上する。だが、SSDクラウドストレージの使用を決める前に1Gバイト当たりの価格以外にも目を向けて、プロバイダーが設定する制限を確認する必要がある。

 これは全てのストレージについていえることだが、特にSSDでは重要になる。1Gバイト当たりの月額使用料が1セント以下のクラウドストレージは存在する。また、1Gバイト当たりの月額使用料が70セントというSSDストレージが見つかるかもしれない。しかし、SSDについては留意すべきことがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。