「分からないから提案できない」を脱却
営業担当なら知らないと損 オールフラッシュ提案に欠かせない要素とは?
「オールフラッシュストレージは気になるが、提案できるほどノウハウや知識がない」と悩むIT営業は、何から手を付けるべきか。“オールフラッシュストレージ初心者”に向け、提案を始めるためのヒントを詳しく解説する。(2021/2/26)

125パターンの独自検証で分かった性能
「VDIだけ」はもったいない、“高コスパ”のオールフラッシュストレージとは
オールフラッシュストレージが特定の用途以外での選択肢として挙がるようになった。エントリーモデルのオールフラッシュストレージ製品の性能はどの程度なのかを理解し、自社に適したストレージを選択する手掛かりにしよう。(2021/5/25)

TechTarget発 世界のITニュース
Hitachi Vantara、中小向けNVMeオールフラッシュを発表 先行機より小容量に
Hitachi Vantaraは、新たに中堅・中小企業向けオールフラッシュアレイ2製品の提供を開始する。先行モデルよりも容量を抑え、比較的小容量のオールフラッシュアレイを求める企業のニーズに応える。(2021/1/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
領域節約情報の可視化も可能、「コスト削減」に貢献するオールフラッシュとは
オンプレミスにデータを保存する上でTCOの増大を防止するには、データ削減テクノロジーの活用が欠かせない。アプライアンス/クラスタレベルでの領域節約情報を可視化するなど、データ効率に優れたオールフラッシュの実力に迫る。(2021/4/8)

「高い、壊れやすい」はもう古い?
コストや書き換え寿命問題を解決した中堅・中小が選ぶべきオールフラッシュとは
オールフラッシュストレージへの移行が活発化している。大企業の地方拠点や中堅・中小企業では、VDIなどを使ったテレワークや仮想化基盤の効率化などを進める中で、「速くて、手頃で、使いやすい」製品が強く求められている。(2020/5/28)

オールフラッシュの高速処理基盤を気軽に導入
高処理性能と低価格を両立、「オールフラッシュNAS」はどんなニーズに役立つ?
従来はSANが主流だったオールフラッシュの用途は、非構造化データの取り扱いが増えるにつれ、ファイルサーバ用のNASへも広がりつつある。中でもコスパに優れた注目製品をピックアップし、その特長や効果が期待される分野を解説する。(2020/8/31)

FlashArray//Mを活用
法律事務所がオールフラッシュにPure Storageを選んだ“決定的な理由”
法律事務所のCSKは、サーバ仮想化ソフトウェアを「Hyper-V」から「VMware vSphere」に移行すると同時に、データの可用性を高めるためにオールフラッシュストレージアレイを導入した。どの製品をどう選定したのか。(2020/11/11)

性能、信頼性、コストのバランスも
同じようで全く違う、オールフラッシュは「独自技術」で見極める
本当に「SSDやNVMeを搭載したストレージ製品ならどれでも間違いない」のだろうか。オールフラッシュストレージは安い買い物ではないだけに、鑑識眼を磨きたい。性能、信頼性、コストのバランスを見極める際に注目すべきポイントは。(2020/10/5)

エッジ利用を視野
HDDも追加可能な低遅延のオールフラッシュ Western Digitalが国内発売
HDDやSSDを中心に事業展開してきたWestern Digitalが、フラッシュアレイやコンポーザブルインフラの国内販売を開始した。レイテンシを抑え、HDDを追加可能にしたオールフラッシュモデルなど2モデルを用意する。(2019/4/15)

ハイブリッドストレージではダメ?
価格比較の落とし穴 「オールフラッシュとHDDは同じ値段」に隠れた課題とは
フラッシュ技術のコストが安くならないと、利用を制限せざるを得ない場合もある。データセンターにおいてフラッシュシステムはどのように使用されているのか。オールフラッシュを購入すべき理由とは。(2017/7/4)

将来のクラウド活用やDXを見据えた選択を
オールフラッシュに残る懸念、“価格のカベ”はまだ存在する?
限られた予算でデータ管理を“モダナイズ”するための最適解とは何か。中堅・中小企業でも手が届く、最小構成で270万円からという新たなオールフラッシュ製品がその候補だ。(2019/8/14)

Dell EMCやHPE、IBMなどの主要製品をピックアップ
徹底比較:オールフラッシュストレージシステム8社 自社とベストマッチは?
大手ベンダー8社の主要なオールフラッシュアレイ製品を取り上げ、機能や性能を詳しく紹介する。どの構成が自社のニーズに最も合うだろうか。(2017/8/18)

コモディティ化を促す3つの要因
急速に低価格化するオールフラッシュストレージ、その背景には何があるのか?
テクノロジーが進化し、市場原理が変わることで、オールフラッシュアレイシステム(AFA)市場にも変化が起きている。新規企業に参入の道が開かれ、顧客にもメリットが生まれる。しかしデメリットもある。(2018/7/5)

オーバースペックは避けたい
IT担当者が見落としてはいけないオールフラッシュアレイ5つの選定ポイント
オールフラッシュアレイを購入する前には、費用対効果を最大限に発揮するためにも具体的な導入計画が必要だ。事前に確認すべき5つの質問について解説する。(2017/5/2)

高性能と効率化を両立させる仕組み
外国為替取引サービス基盤にオールフラッシュストレージを選択した理由
秒単位の売買が当たり前のFX(外国為替保証金取引)取引には、高速なITインフラが欠かせない。セントラル短資FXはデータベース基盤を刷新すべくオールフラッシュストレージを導入。同社が製品選定で重視したポイントや、導入効果を探る。(2019/1/11)

そのメリットを理解できない企業は負ける
ユーザーニーズを超える「大容量・高密度オールフラッシュストレージ」が必要な訳
高密度・大容量のオールフラッシュストレージアレイは現時点では顧客の需要を超えるほどに破壊的な技術だが、いずれ企業はその必要性を認識するだろう。(2017/1/18)

速いだけのストレージなら要らない
オールフラッシュストレージベンダーが熱望される「とんでもなくすごい」機能とは
オールフラッシュストレージが企業ITシステムにおいてごく当たり前の存在となる中、IT管理者はデータアクセスの効率化だけでなく、アナリティクスやデータ保護といった高度な機能も必要としている。(2016/6/17)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
IOPSは最大1000万、次世代オールフラッシュの新たな可能性と注目の選択肢
オールフラッシュストレージアレイの普及は進んでいるが、エンタープライズ分野では、より高度なワークロードに対応可能な性能が求められている。この期待に応えるのは、フラッシュに最適化されたNVMeをベースとした次世代ストレージだ。(2018/11/26)

HDDと比べたSSDの速さとは
徹底解説:オールフラッシュアレイ 超高性能をたたき出す技術とのその用途
オールフラッシュアレイの購入に向けて投資対効果検討書を作成するには、まずアプリケーションで必要なIOPS、遅延、スループットについて把握する必要がある。(2017/5/1)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
TCOでも有利なオールフラッシュを選ぶための3つのポイント
オールフラッシュストレージは高速でありながら、価格もディスクストレージに匹敵する水準となってきた。むしろ省スペース・省電力などの特性からTCOでは有利となり、今やストレージの主流になりつつある。オールフラッシュストレージを選定する上で重要なポイントは何か。(2016/11/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
AIや自動化で運用を合理化、柔軟なワークロードも提供する新世代ストレージ
複数ストレージを一元的に制御でき、AIや自動化によって運用の合理化を実現するオールフラッシュストレージが注目されている。柔軟なワークロードを提供するインフラとして設計された、“データ中心”の性能を詳しく紹介する。(2021/4/8)

選択の基準はデスクトップ端末の数
DellのVDI向けオールフラッシュストレージ、XtremIOとUnityを比較
Dell EMCは、VDIを導入する企業向けにオールフラッシュストレージのオプションを2つ用意している。1つはデスクトップ端末の導入数が500台未満の企業向け、もう1つはそれ以上の台数を導入する企業向けだ。(2017/9/27)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
主要オールフラッシュ2製品を徹底比較、OLTPなど高負荷での性能の違いは?
高い処理能力を求めてニーズの高まるオールフラッシュストレージだが、製品ごとの違いも小さくない。本資料では、OLTPやデータマート処理などの実践的なテストを通じて、2種類の定番製品の違いを明らかにする。(2018/7/10)

階層型ストレージをオールフラッシュに集約
サントリーがオールフラッシュでコスト削減 「ストレージ階層化はもう無意味」
サントリーグループが、国内各社の基幹システムを支えるインフラにオールフラッシュストレージシステムを採用した。選定をどう進め、どのような効果を得ているのか。(2018/5/11)

今選ぶべきは“フラッシュファースト”ストレージ
SSDだけの「オールフラッシュ」が本当に正解? 再考したい次のストレージ購入
ベンダー各社が推奨するオールフラッシュのストレージアレイを選ぶより、フラッシュに最適化されたシンプルでコスト効率の高い製品で自社のニーズを満たすことを考えた方が良さそうだ。(2017/8/16)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
アプリのダウンタイムを最小化、データ保護戦略を強化するストレージ活用術
事業継続性を強化すべく仮想化に着手する企業が増える一方、データ保護/リカバリーに関しては遅れが目立つ。そこで注目したいのが、オールフラッシュストレージとバックアップソフトの組み合わせで実現する、包括的なデータ保護戦略だ。(2021/8/2)

ストレージ最前線
オールフラッシュで高性能、低価格、シンプルな管理性 全て備えるストレージとは
ミッドレンジ向けストレージでも本命はオールフラッシュだ。エンタープライズレベルの性能と効率性は必要だが管理はシンプルがよい。そんな声に応えられる製品はあるのか。(2018/1/31)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
成熟期を迎える「HCI」市場、7社の事例に学ぶ製品選定のポイント
HCI市場は成熟期を迎え、導入後の運用のしやすさまでを見据えた製品が求められるようになった。こうした中、その導入・管理のしやすさから、あるHCIアプライアンスが注目度を高めている。7社の導入事例からその実力を明らかにする。(2022/6/29)

データ増大とCO2排出の対策【後編】
ストレージにたまる無駄データと、管理者を悩ませる「データ所有者」問題
企業のストレージには、重要なデータから必要性の疑わしいデータまで、さまざまなデータが混在しがちだ。データ量が増えるにつれてデータを保管し続けることの負担は増大する。どうすればいいのか。(2022/6/21)

Metaが手掛けるスパコン開発【第2回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」は何のハードを使っているのか?
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、同社のこれまでのシステムとどう違うのか。どのようなハードウェアで構成されているのか。(2022/5/2)