2020年08月31日 10時00分 公開
PR

AI開発や金融機関をはじめニーズが拡大する中小規模のオールフラッシュとは?オールフラッシュの高速処理基盤を気軽に導入

「大容量で高速、ハイエンド向けで高価」だったオールフラッシュ。新たに登場した中小規模向けのオールフラッシュは、高処理性能はそのままに低価格を実現する。その詳細とは。

[PR/TechTargetジャパン]

 大企業向けストレージ製品は、いまやオールフラッシュが当たり前となってきた。少し前までは「高速だが高価」といわれてきたオールフラッシュだが、価格下落が急速に進み、HDDに匹敵するほどの容量単価を実現する製品も出てきた。

 オールフラッシュの用途も、かつては高速なデータベースアクセスを目的としたSAN(Storage Area Network)製品が主流だった。だが大容量の非構造化データを扱う業務範囲が拡大した現在、ファイルサーバ用のNAS(Network Attached Storage)でもオールフラッシュは珍しくない。

 とはいえ、オールフラッシュといえばどうしても大規模かつ高速な「ハイエンド用途向け」というイメージが強かった。そのため中小規模のシステム向けのNASは、旧来のHDD構成やHDDとSSDのハイブリッド構成が主流だった。しかしここに来て、「小規模で予算は少ないが、オールフラッシュの高速性のメリットを享受したい」というニーズがさまざまな業種、業態で出てきた。

 本稿は、中小規模のオールフラッシュの活用が期待されるAI(人工知能)開発や金融、ライフサイエンスといった複数の分野を例に、新たなビジネスニーズに応える製品を紹介する。

※本稿は、ITmediaエンタープライズからの転載記事です。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部