2021年04月08日 10時00分 公開
PR

重複排除や圧縮をフル活用、データ削減に有効なオールフラッシュの節約効果は?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データ量が日に日に増大する中、効率的なデータ保存をいかに実現するかは、TCOを左右する重要なポイントになっている。そこで注目したいのが、シンプロビジョニング、重複排除、圧縮といった手法を組み合わせたオールフラッシュだ。

[ITmedia]

 アプリケーションが生成するデータの量が日に日に増大する中、それらをいかにストレージへ効率的に保存するかという点が、多くの企業で課題となっている。データ量の削減は、ドライブ数を減らすのはもちろん、システムの設置面積を縮小し、電力と冷却コストを節約することにもつながるため、TCO削減にも大きく貢献する。

 その実現方法として注目されるのが、シンプロビジョニング、重複排除、圧縮といった手法を組み合わせ、データ量の削減と効率的な保存を継続的に行うオールフラッシュストレージだ。これらの機能は常時有効化され、データ削減効果をさまざまなリソース内で確認できる。また、ボリュームやファイルシステムなど、サポートされるリソースの全ての着信I/Oが同じデータパスに従うため、より効率的なデータ削減が可能になっている。

 本資料では、同ストレージのシステム設計やデータパスの概要、書き込み/読み込み/上書きにおけるデータ効率化のメカニズムについて、詳しく解説する。あわせて、データ削減によるコスト節約効果の実態や、デモ画面を用いてのレポート作成方法も示されているので、参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.